Wi-Fi・SIMカード

地下は電波がつながりにくい?地下で使えるWi-Fiとは?

現代は公共交通機関の発達などによって、地下スペースの利用が増加してきました。しかしそんな地下スペースでは、電波が一般的につながりにくくなっています。そのため、電波対策としてWi-Fiを設置する動きが大きく進んでいます。その代表例として、現代の公共交通機関において利便性の面から多く利用されている地下鉄がWi-Fiの導入に積極的です。以前までは、地下は全く電波がつながらないというのが以前の共通認識でした。しかし、ここ近年のスマートフォンの普及や、インバウンドへの対策として、地下での電波対策も取られていき、地下でも大いに活躍をするWi-Fiも増えてきました。そこで今回は、

・地下とWi-Fi
・地下での使用にオススメのプロバイダー
・地下でWi-Fiを利用する際の注意点
・地下での公共Wi-Fi

以上の観点から考察していきます。

地下とWi-Fi

地下に入ったからということで、電波が繋がらないということはみなさんが持ち合わせている共通認識です。しかし、使っている回線によってはつなぐことができるなど回線によっても様々です。そもそも地下ではなぜ電波が繋がらないのでしょうか。また、なぜ、地下でもつなぐことができている回線も存在しているのでしょうか。

地下でのWi-Fi

Wi-Fiは電波を遮る障害があると繋がりにくくなってきます。まず、地下は電波との間に、地中に入ってしまうことから物理的に障害物の間で電波を受信しなければいけない環境になるため、電波が届きづらい環境となってしまいます。屋内立体駐車場の中に入った時のラジオを想像してみてください。電波を受信しづらくなってしまうために、ノイズだけの音に切り替わってしまうかと思います。あれはまさに電波が障害物に遮られて届かないがために起こる現象なので、同じよう考えていただければ想像しやすいかと思います。

電波の種類によっては届く

モバイルWi-Fiにも言えることですが、使っているプロバイダーによっては地下でも使えるプロバイダがあります。使えない端末と使える端末の違いは、利用している電波の利用している周波数が高周波なのか低周波なのかで違いが決まります。これは低周波と高周波のそれぞれの特徴によっての違いです。高周波は、雨や雪や障害物などに反射してしまうために地下などの障害物がある場所にはなかなか届きづらい電波となっています。しかし、低周波は、障害物や雨や雪などを避けて通ることができるため、どんな場所でも電波が伝わりやすい周波です。そのため、低周波を使用しているWi-Fiだと地下であっても通信が滞りなく上手くいく場合が多いので、地下でも使える端末と使えない端末が存在してしまっています。では、低周波だけ使用していれば、地下でも使用できるにも関わらず、なぜ高周波を使っているプロバイダも存在しているでしょうか。実は、プロバイダーごとに、使う周波が決められています。そのため、周波数をプロバイダ側が変更することができません。つまりは、低周波を利用しているプロバイダーに顧客側が変更しなければいけません。地下でWi-Fiを利用したいという方は、そのため、プロバイダーの変更を検討する必要があります。

携帯大手3社の低周波電波

現在の市場に出ているWi-Fiのほとんどは、携帯大手3社の回線を使用したものが多くなってきています。そして、携帯大手3社は、地下での利用頻度で1番多い地下鉄に基地局を設置しています。そのため、携帯大手3社の回線を利用しているプロバイダーのWi-Fi回線には、地下鉄での利用時には困ることはなくなってきていることも事実です。しかし、地下鉄以外の場所だと、UQ WiMAXなどの独自の周波数帯を使用しているプロバイダーのWi-Fiは、今だ使用に難があります。そのため、地下鉄以外の場所での使用を考えているユーザーについては、低周波帯を使用することのできるプロバイダーのWi-Fiを選ぶ必要がありますが、近年は機種側の設定でプロバイダーの高周波数帯から提携先の低周波帯の回線に変更をできる機能を搭載した端末も出現してきました。

地下での使用にUQ WiMAX がオススメ

地下でWi-Fiを使用する事を考えた時にオススメできるプロバイダーはUQ WiMAXです。UQ WiMAX に限ることはないですが、各プロバイダーは、地下での利用の際に繋がりにくくなることを懸念して、様々な対策をとっています。UQ WiMAXがオススメできる理由としてあげられる点は、地下での接続に対しての対策をしっかりと取れている点がいくつかあることです。UQ WiMAXを使用することを地下での使用の際になぜオススメできるのかを、

・回線の切り替えができる
・地下鉄に基地局を設置している
・UQ WiMAXのオススメのWi-Fi機種

以上の点で考察していきます。

回線の切り替えができる

近年のUQ WiMAX の取り扱っているWi-Fi端末が、auの低周波回線である、4G LTEを利用することができる機能を搭載するようになってきました。自社の回線が届かないなら、届く回線に変更するように対策をとったのが、高周波帯である自社回線が届かない場合に、低周波回線を使用する方法です。そのため、地下での利用にオススメのプロバイダーは、低周波帯を使用しているUQ WiMAXこそが地下での利用で1番オススメができるプロバイダーとなります。しかし、UQ WiMAXが使用する周波帯は基本的には高周波帯です。そのため、低周波帯である4GLTE回線の利用については、携帯と一緒で利用制限があるので注意が必要です。

地下鉄に基地局を設置している

UQ WiMAXは地下の中でも特に、地下鉄に強いプロバイダーです。地下鉄にUQ WiMAXが基地局を設置しています。つまりは、基地局があるため、高周波帯の電波でもそのまま使えるということになります。低周波帯は通信量に制限がありますが、高周波帯は通信量には制限はありませんので、非常に便利です。もし万が一圏外となったとしても、上述のようにUQ WiMAXは低周波帯の回線に変更するだけなので、もしもの対策も取れています。

UQ WiMAX のオススメの機種

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」という最新機種が1番オススメです。こちらは、auの低周波回線である、4G LTEを利用することができる「ワンタイムHS+A」機能搭載はもちろんのことながら、料金も比較的安く設定されています。そのため、利用もしやすい機種となっています。UQ WiMAXを利用する場合は、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を選択しましょう。

地下でWi-Fiを利用する際の注意点

地下でWi-Fiを使用したいと考えた時に、考えておかなければならない注意点があります。Wi-Fiは皆さんがご存知の通り機種によって仕様も違えば、プロバイダーによっての違いもあります。そうした違いなどを把握しておかなければ地下でWi-Fiを使う時に困ってしまうこともあります。そのため、注意点として、

・使用しないとわからない
・Wi-Fiの選定
・事前にWi-Fiの情報を取得

以上の点に分けてまとめていきます。

使用しないとわからない

Wi-Fiを地下で利用する時の電波対策として、プロバイダーごとに、自社の端末を改善することや、基地局を地下鉄の駅に設けたりする事で対策をとっています。しかし、地下での使用という事でプロバイダーがあくまで想定をしているのが地下鉄です。そのため、その場所だけ地下にあるような場所、例えば地下にあるライブハウスなどでは、繋がらない可能性ということも考えられてしまいます。もしプロバイダーと契約をして、実際にWi-Fiを利用しようとしても繋がらなかった場合には、意味がないということになりかねませんが、電波が通じるのか通じないのかについては、使用してみないとわからないのが正直なところです。なので、1度契約をしてみることをオススメします。

実はどんなプロバイダーであっても、初期契約解除制度というものがあります。これは、平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令にて、もし電波が入らなかった場合には、商品を返品して契約も解除できることを国が補償している制度です。

つまりは、電波が入らなかった場合でも気軽に契約解除ができるので、繋がるかどうかを1度契約してみて様子を伺ってみることができるのです。この初期契約解除制度にも期限があるので、1度契約をして、電波状況を早急に確認しましょう。しかし、再度送り返す際には、送料はこちら側が負担をすることなどの条件つきの可能性もあるので、事前にプロバイダー側に初期契約解除制度を使用した場合にはどのような形の流れになるのかを確認しておくのも必要でしょう。

Wi-Fiの選定

用途と自分の許容できる値段設定でWi-Fiの選定を変えるべきでしょう。Wi-Fiを出しているプロバイダーも非常に多くあれば、そのプロバイダーで出している機種も豊富で、それぞれに特徴があります。

まず、地下で使うということで前提なので、低周波電波を利用できる機能がついていることは前提として、低周波電波を利用できる以外にどのような特徴があるのかをしっかりと見て自分の用途にあった端末を使用しているプロバイダーの端末を選定しましょう。値段のやすさが重視なのか、通信速度重視なのか、携帯大手3社を重視するのかこれは人それぞれにあると思います。重視する点をしっかりと補えている機種を選んでいきましょう。

事前にWi-Fiの情報を取得

Wi-Fiは主な使用場所として想定されているのは、地上です。そのため、大げさに言うと、ほぼ地上にて使う人に向けて作られているルーターばかりが出回っています。しかし、仕事柄地下にずっと滞在している人などもいるように、地下での使用を考えている人もいます。そのため、事前にメーカーに確認したり、自身で地域の対応している電波と、ルーター自体が使用している周波数を確認するなど、事前にWi-Fiのことを調べておきましょう。そうすることによって、契約した後に、初期契約解除制度でプロバイダーに機種を送ったりする手間も省けます。また、自身が持つことになる機種を調べることによって、これから所有するものに対しての見聞も深まるので、電波が弱い時の対処法なども身につくでしょう。また、メーカーによっては、事前に調べておくことによって、同じスペックで値段が違ったり、キャッシュバックキャンペーンを行うなどの特典がついている場合もあります。事前に調べておくことによって、そういった金銭面での徳を得ることもできるので、しっかりと確認を取っておきましょう。

地下での公共Wi-Fi

近年は携帯大手3社も地下鉄などの地下での利用が多い場所での自社回線の電波対策を進めてきました。しかし、格安SIMの普及や、インバウンドの増加によって、携帯大手3社だけが電波環境を揃えていれば電波対策ができたとは言い難い状況になっています。そのため、電波の多様なニーズに応えるために、地下にスペースを確保している地下鉄のような場所で電波対策と設置されているのが公共Wi-Fiです。そのため、地下で公共Wi-Fiを使うときの要点を

・地下での公共Wi-Fi事情
・接続方法
・セキュリティ

以上の点に分けて紹介していきます。

地下での公共Wi-Fiの事情

公共Wi-Fiは、主に地下の利用で利用ニーズが非常に高いとされる地下鉄に多く設置されています。さらに言うと、地下鉄が都心部に集中しているため、地下にある公共Wi-Fiの設置場所も都心部に集中しています。しかし、近年ではカラオケ店なども地下の利用が多くそして滞在時間も長いことから地下にあるカラオケ店などもWi-Fiを積極的に設置しています。

また、地下だけではなく、公共Wi-Fiの設置自体が都心部ではどんどんと進められています。その背景には、現代社会のWi-Fiへの考え方の違いがあるでしょう。そして、現代の社会は、カフェの利用などにおいてもWi-Fiが設置されているのかということが論点になるなど、電波環境もサービスの一環として考えるようになってきました。そのため、公共Wi-Fiを整えておく事は、インバウンドへ、そして日常的に利用する私達にとっても非常に価値があるものになっています。地図アプリ等が使えるという安心感をインバウンドは得ることができ、インバウンドでない私たちも、Wi-Fiがあると、通信料の負担を減らせることからありがたく使用する人も多いかと思います。そのため、電波が届かないという地下特有の電波問題を解決する手立てとして、公共Wi-Fiを地下に設置すれば、利用者へのサービスとなりますので、サービスとして、公共Wi-Fiは電波問題が起こる主に地下の利用での利用ニーズが非常に高いことを分かった上で、地下へ、それも利用者が多い場所である地下鉄への公共Wi-Fiの設置が増加しているのです。

接続方法

公共Wi-Fiは、基本的にすぐにつながるわけではなく、公共Wi-Fiが用意しているサイトにて、会員登録をした後に接続するパターンがほとんどでしょう。一部の公共Wi-Fiでは、事前登録をしていることによってそのまま繋がるものもあります。しかし、公共Wi-Fiを使うときに、利用機種によっては、すぐに公共Wi-Fiが用意しているサイトにつながらないということもあります。そういった場合は、Wi-Fiを再度やり直してみたりしてみましょう。そして、場所によっては公共Wi-Fiが複数存在をしている場所もあります。そういった場合には、多くの端末で以前つないだ経験があるWi-Fiを自動的に選んで自動接続をしてしまいます。近頃は、地下鉄の駅構内でのWi-Fiの設置も進んでいますが、車両への設置も進んでいるので、自分の目的のWi-Fiにつながっているのかもよく確認しましょう。

セキュリティ

公共Wi-Fiは、一見すると、電波が使うことができないような機種を持っている人が地下鉄の駅などで利用するには非常に便利ですが、多くの公共Wi-Fiではセキュリティ対策が取られていない形式のWi-Fiばかりが使用されています。そのため、解析ツールの知識がある人が、解析を行えば、簡単に情報を傍受することが可能な形になってしまっています。

そのため、公共Wi-Fiの使用時には、ネットサーフィンぐらいに留めておき、クレジットカードの情報などの重要情報は入力しないようにしておきましょう。また、その面では、Wi-Fi端末は安全であり、しっかりとセキュリティの面での対策をとった形で電波を送信しています。

また、空港などの非上位多くの人が利用する場所での公共Wi-Fiでは、情報を傍受するために、解析ツールを使用している人物が多くいるとの話もあります。そのため、地下鉄も、公共Wi-Fiに頼らざる得なくなる人も多いため、狙われる可能性も十分にあるので注意が必要です。また、そういったことを加味して、Wi-Fiでの通信のためのセキュリティ対策アプリが出ています。

そういったアプリで対策を取っておくのも一つの手です。また、公共Wi-Fiの中には、悪徳なWi-Fiというものも存在しています。そのWi-Fiに繋がってしまえば、それもデータが取り除かれてしまう可能性もあるため、地下にいるときに、繋がるからということで、行政が出しているWi-Fi以外のどこから出ているかわからないWi-Fiに接続するようなことも避けなければなりません。

関連記事

  1. auの利用者は海外に行くとき、auのサービスとレンタルWi-Fi、どち…

  2. 日本の大手キャリア“ソフトバンク” Wi-Fiを利用する方法

  3. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  4. 海外旅行に行く時、オススメのWi-Fiルーター・比較サイトはどれか

  5. 格安SIMのスペックとは?性能を徹底解説

  6. ヨーロッパの複数国渡航には、格安SIMを利用するべき

PAGE TOP