Wi-Fi・SIMカード

台湾でインターネットを使うにはWi-Fiレンタルが最適か

今、日本人のアジアでの観光先で、人気が高いのは台湾です。安全性がある程度保証されており、安心して観光を楽しむことができます。アクセスに関しても成田空港からおよそ4時間で行けるため魅力的です。

今回は、台湾へ旅行などで行く際にWi-Fiをレンタルした方がよいかについてご紹介します。日常生活において必要不可欠な連絡手段であり、情報ツールでもあるスマートフォン。これは日本国内同様にインターネットなどが自由に使える訳ではありません。そういった環境ではWi-Fiはレンタルすべきなのか、利用するなら何を使ったらよいのかについて紹介していきます。

今回の記事のまとめ
・データローミングの設定をオフにしないと高額請求がくる
・機内モードにしておけば高額請求の心配はない
・キャリアごとの海外プランもおすすめ
・無料のフリーWi-Fiも便利
・台湾独自のレンタルWi-Fiを使うとお得に利用できる
・用途に応じてレンタルするか否かを判断しよう

インターネットの使い方

海外に行く時、日本での使い方と同様にスマートフォンを渡航先で使用する事は基本出来ません。それは国内で契約したスマートフォンは国内で使用できるようにする為に契約プランが組まれているものがほとんどだからです。その為、データ通信を海外で使用する事はできても帰国後、高額請求が発生してしまう、緊急時や必要な時に費用を気にするあまりインターネットを使用できないことが考えられます。海外へ渡航する際はWi-Fiをレンタルするなど事前に準備しておきましょう。

設定は変更してから渡航しましょう

スマートフォンは契約時に設定した初期設定の状態で渡航することは危険とされています。それは、海外では国内と同じようにサポートを受けられないものが多いからです。予めどんな設定がスマートフォン上でされているのか、「データローミング」はオフの設定になっているか確認しましょう。

国際ローミングは知らないと高額請求に繋がってしまう

スマートフォンの機能には、「データローミング」という機能があります。この機能は契約しているプランの対象エリアから外れた場合に自動で他の提携会社のデータ通信に接続してくれるものです。

海外へ旅行する際は特に「国際データローミング」と呼ばれるものに気をつけなければなりません。「国際データローミング」とは各携帯端末会社が海外のデータ通信会社と提携しているシステムです。これは旅行等の理由で海外へ出た方に対して、インターネット等が使えるように自動で提携会社へのデータ通信を行ってくれるサービスです。このサービスの注意しなければならない点は国内の契約会社のデータ通信が切れた際に自動で国外の提携会社へデータ通信の接続が行われてしまうことです。実はこのサービス、国内で契約したプラン等のほとんどは適用されず、国外の提携会社で適用される別料金が発生してしまいます。また、この料金はデータ通信量に対して従量課金制となっている為、注意せずにインターネットを利用していると高額請求に繋がる恐れがあります。そういったことを防ぐ為に、海外へ旅行をする際は、スマートフォン内の設定からモバイル通信の「データローミング」をオフにしておきましょう。

機内モードにしておくと良い

スマートフォンは国内で契約した場合、特別に海外で使える契約を結んだ場合を除いて多くの場合はWi-Fiを利用しない限り別途費用をかけずインターネットに接続することは出来ません。そのため、「モバイルデータ通信」を渡航前にオフにしておくと、先述した「国際データローミング」による高額請求も防ぐことが出来ます。

また飛行機を利用する際は機内ではスマートフォンを「機内モード」にするように呼びかけられています。これは操縦などに電波の影響を機体や管制塔との連絡の電波を妨害しないようにする為に呼びかけられています。こういった理由から渡航時は設定からスマートフォンを常に「機内モード」にしておくとよいでしょう。

フリーWi-Fi

フリーWi-Fiとはコンビニやファストフード店などの飲食チェーン店、駅や空港ラウンジなどの公共施設で見られる公衆無線LANの総称です。こういったWi-Fiは無料で利用することが出来ます。他にも、初期登録に関しては、利用規約に同意して最初にそのお店のデータベースに登録さえ済ませてしまえばすぐに使うことができます。登録に関しても名前やメールアドレスなど基本的な個人情報などの項目を入力するだけなので簡単にできます。こういったフリーWi-Fiは端末がそのお店などに置いてあるので一定の通信速度の保証はされているものの、様々なデメリットも一方で存在します。

台湾の接続環境はどうか

台湾は日本以上にフリーWi-Fiの接続環境が整っているとされています。代表的なフリーWi-Fiは「iTaiwan」「Taipei Free」「Airport free Wi-Fi」が挙げられます。これらは公共施設で利用できるもので、初期登録を完了させることで利用できます。また1ヶ所ではなく、地域ごとに整備されている為、台湾の中なら多くの所で接続することが出来ます。

フリーWi-Fiのメリット

台湾でフリーWi-Fiは日本同様、お店や公共施設などで手軽かつ無料で利用できることが1つの大きなメリットでしょう。他にもフリーWi-Fiの接続可能な場所が多く、インターネット接続時の通信データ量が無制限であることはフリーWi-Fiの大きな魅力となっています。

フリーWi-Fiのデメリット

フリーWi-Fiは登録さえすれば誰もが接続できるものになっている為、セキュリティが万全とは言い難いものです。同じフリーWi-Fiを使用しているため、個人情報などが晒される、サイバーウイルスの感染等から不正利用がされるなど考えられます。こういった不正利用には個人情報の流用やクレジットカードの情報流用などが含まれます。今やスマートフォンはただの端末ではなく、個人情報を搭載した情報端末です。その為、フリーWi-Fiはあくまで個人情報の簡易登録のみで、セキュリティ面では決して完璧という訳ではありません。

携帯会社のプラン

海外でインターネットを利用するにはスマートフォンを契約している会社で渡航者向けのプランを追加契約することもできます。

どんな種類のプランがあるか

ソフトバンクであれば「海外パケットし放題」、auであれば「世界データ定額」など、docomoでは「WORLD WINGS」といったサービスがそれぞれの会社に用意されています。

メリット

まずは支払いが一括で出来るのが大きな利点といえます。スマートフォンの契約会社でプランの追加が出来るので振り込み先や自分で費用の計算をせずに携帯料金とまとめて支払いができるでしょう。申し込みについても、店頭あるいはインターネット上で出来るので時間が無い時や用事のついでに済ませる事ができます。他にもスマートフォン上での設定が他の方法に比べて少ないのが特徴です。

デメリット

会社ごとによってプランが異なり、1つの会社に多くても3つ程度しか渡航者向けのプランはありません。その為、自分に合ったプランではない可能性があります。他にも、データ通信量が定められている、一部地域には対応していないなどの点が考えられます。

プリペイドSIM

スマートフォンにはSIMカードが差し込まれています。最近では格安SIMとしてSIMカードを差し込むだけで料金が下がるものが国内でも販売されています。この「プリペイドSIM」は渡航者向けの物で、渡航先でそれを端末に差し込むだけでインターネットが利用できるものです。

メリット

通信コストが他と比べて最も抑えることができます。例えば、10日間の場合は1日200円以下でインターネットを利用することができます。また台湾の空港で旅行者向けのプリペイドSIMを購入することができるので当日でも問題ありません。空港で購入する際は使用時の設定なども一緒にやってくれることが多いので初めての人も安心して購入することができます。

デメリット

端末はSIMフリー、もしくはSIMロックが解除されたもののみが対象になっています。普段使用しているiPhoneやAndroidは契約状況によってプリペイドSIMを使用できるものが限られています。また、一般的に普及しているものではないため、知名度のある会社では取り扱っていないことがあります。

Wi-Fiレンタル

フリーWi-Fi、渡航者向けプランのほかにWi-Fiレンタルという方法があります。Wi-Fiレンタルは様々な会社で行なっています。

メリット

Wi-Fiレンタルは安心と安全が保証されています。ポケットWi-FiにSSIDとパスワードがそれぞれ設定されています。利用する際はスマートフォンでSSIDを確認してからパスワードを打ち込むことで利用可能となります。こういった方法を取っている為、他人にポケットWi-Fiを盗難される、パスワードを盗み見られない限り、データ通信を使用者以外が無断で利用する事は出来ません。また、Wi-Fiレンタルは1つのポケットWi-Fiでデータ通信量をシェアすることが出来ます。データ通信量を複数人でシェアすることで料金自体も人数で均等に割ればかなり安く抑えることが出来るでしょう。

デメリット

Wi-Fiレンタルするにあたって申し込みの際ほとんどのものはクレジットカードが必要となってきます。未成年者やクレジットカードを持たない人には不向きとなるでしょう。また、ポケットWi-Fi自体にも充電器や保証書などが必要であり、データ通信を複数人で行うと電池の消費量が増えていきます。他にも、スマートフォンの場合は決められたデータ通信量を超えると速度制限となって課金すれば再び元のデータ通信速度で利用できますがポケットWi-Fiの場合には1日もしくは24時間単位での定量制となるので決まった時間内で通信量を超えた場合には次の日まで待たなければなりません。

国内でパソコンを持っている方などが多く持っているポケットWi-Fiは元々国内での使用目的のためだけに販売されているものがほとんどなため海外では利用することができません。

Wi-Fiレンタルを決めるための大事な要素

Wi-Fiレンタルする際には価格を左右するいくつかの要素があります。

・データ通信量
・データ通信速度
・レンタルを予約するサイト
・Wi-Fiレンタルする会社

データ通信量は主に300MBから無制限の幅でレンタルすることが出来ます。通信速度は3Gが最も遅く、LTEが最も速い速度誇っており、普段使用しているスマートフォンの多くが4GもしくはLTEがほとんどとなっているのです。また、レンタルする際のサイトによっても価格は大きく異なってきます。例えば、価格.comでは複数社を比較検索した中でさらにサイトの特別割引を適用した価格を表示してくれます。当然Wi-Fiレンタルを行う会社によっても価格帯は変動していきます。それはネームバリューやその会社の信頼度、プランに含まれる補償内容などによっても変動してくるので心に留めておきましょう。

例えば、航空会社であるJALはJAL ABCとしてWi-Fiレンタルを行なっています。料金は前述した他のWi-Fiレンタルの会社と比べたら割高な料金設定となっていますが、会社そのものの顧客信頼度が高いためレンタルする人が多くなっているのです。

おすすめのWi-Fiレンタル

おすすめのWi-Fiレンタルは、フォートラベル・グローバルWi-Fi・台湾データの3種類です。それぞれ4Gで最も安いもの、通信速度を気にせずに最も安いもの、その国専用で無制限のものとなっています。前述した要素から選ぶには、以上3種類のWi-Fiレンタルをおすすめします。Wi-Fiレンタルの比較検索サイトのURLを載せておくので、日数や通信量、通信速度に合わせて自分に合ったものを選んでみると良いでしょう。

(価格.com: http://s.kakaku.com/mobile_data/world-wifi/ranking.asp?ww_country=100)

当日借りられるWi-Fiレンタル

実は多くのWi-Fiレンタルは遅くとも1〜2日前までの店頭・インターネットでの事前予約申し込みが必須となっています。その為、一部空港でしか当日のWi-Fiレンタルを行なっていません。しかし、「やっぱりインターネットを使いたいときに使いたい」と思う方もいるかと思います。そういった時に現地の空港でレンタルできるのが「遊客邦」とよばれるWi-Fiレンタルを利用しましょう。「遊客邦」は台湾現地のWi-Fiレンタル会社です。台湾の桃園空港にカウンターを構えており、予約なし・現地申し込みでも対応してくれます。事前予約に比べると当日申し込み・その場での商品引渡しとなるため割高な料金となり、「元」という台湾の通貨しか現金支払いできませんがクレジットカード対応も可能となっているので安心してレンタルすることができるでしょう。

使い方

様々なWi-Fiレンタルがありますが、一般的なものの利用方法を紹介します。

①ポケットWi-Fiとスマートフォンを用意する
②スマートフォンの設定からWi-Fiをオンにする
③ポケットWi-FiのSSIDとパスワードを確認する
④スマートフォンでポケットWi-Fiに表示されたSSIDを選択してパスワードを入力する

これだけでポケットWi-Fiに接続している間はインターネットを利用することが出来ます。

レンタル時の注意点

レンタル時、Wi-Fiレンタルの会社によっては補償や盗難などの保険が別料金となっているため注意しましょう。また、日本語や英語に対応しているかによって操作の難易度も変わってくるので注意しましょう。他にも、現地へ行った際に困らないためにもサポート面や対応方法についても確認しておいたほうがよいでしょう。

利用時の注意点

ポケットWi-Fiはスマートフォンに比べて電池の消費が速くなっています。また接続人数を増やせば増やすほど電池消費が激しくなっていくので注意しましょう。他には、ポケットWi-Fiの利用範囲はフリーWi-Fiなどのコンセントに接続する端末に比べて狭いため、一定範囲を外れると接続が切れてしまいます。そのため、複数人の旅行でシェアする際には別行動でインターネット利用が難しくなってしまうので注意しましょう。

Wi-Fiレンタルを利用しなくても良い人

当然、一部の人はWi-Fiレンタルや追加プランなどを契約せずに必要に応じてフリーWi-Fiを使う、あるいはWi-Fiを利用しなくて済む方もいます。

時計やカメラなど

時計やカメラは、元々Wi-Fiを使用していない方がほとんどです。(カメラは設定によって位置情報を写真に記録している)こういったインターネットを必要としない一部の機能のみを使用する場合には全くWi-Fiを必要としません。時計についてはインターネットを接続して予め現地時間をダウンロードしておく必要があります。しかし、国内で済ませておくことが可能となっているため、国内でダウンロードを済ませてから渡航しましょう。

電話やメール

電話やメールについても実はWi-Fiを使用せずに利用することが出来ます。SNSやインターネットで検索などはできませんが、電話やメールについては各携帯会社である、プリペイドカードや電話・メールのみの追加料金によって利用することが出来ます。但し注意していただきたいのは、料金はかかるという点です。追加プランの契約や別途機器が必要になることはありませんが、その都度、使用によって決められた料金が発生するので渡航前に携帯会社へ問い合わせるか、公式HPから電話・メール料金について確認するなど事前に料金には注意しましょう。

まとめ

台湾に行く際はレンタルWi-Fiを利用する事をオススメします。台湾は非常に治安もよくインターネット環境も整備された国ですが、観光客が多いため必ずしも万全ではないと思います。レンタルWi-FiはセキュリティがSSIDやパスワードによって保護されており、様々なものがあるため、比較検索サイトを使用することで自分の求める条件に合ったものを見つけることが出来ます。

関連記事

  1. 格安プリペイドSIMとは?通話できる?大手キャリアに対抗できるその秘密…

  2. auの利用者は海外に行くとき、auのサービスとレンタルWi-Fi、どち…

  3. オーストラリアでSIMカードを購入する際にオススメの通信キャリアと購入…

  4. 日本の大手キャリア“ソフトバンク” Wi-Fiを利用する方法

  5. 旅先で役立つ!国内・海外旅行に便利なポケットWi-Fiレンタル

  6. 海外Wi-Fiのレンタルならここがオススメ!容量や設定などを紹介!

PAGE TOP