Wi-Fi・SIMカード

Wi-Fiを安く利用する方法 オススメのサービスを紹介!

カズレーザーさん、安藤なつさんがテレビCMを務める“Wi-Fi ストア”を最近よく耳にしますが、実はWi-Fiもどんどんと多様化しているのです。

かつてはau、Softbank、docomoなどの大手キャリアが提供するネット回線を使うしかありませんでした。しかし、最近では公衆Wi-Fi、ポケットWi-Fiが出たり、海外でのWi-Fiレンタルを主とした企業が上場したりと選択肢が多すぎて迷ってしまうくらいです。

おそらく、このような情報を知らない方もたくさんいることでしょう。そこで今回はこれらの情報を一気に紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

今回の記事のまとめ
・Wi-Fiとはネット接続、データ共有など現代になくてはならない存在である
・自宅にWi-Fi環境を構築するにはネット回線とルーターが必要である
・光回線が主流のネット回線で使いやすい
・Wi-Fiルーターの電波力が重要である
・料金が気になる方には“ポケットWi-Fi”という選択肢もある
・ポケットWi-Fiは持ち運びができ、安い
・ポケットWi-Fiはバッテリーを気にしなければならなく、荷物になる

そもそもWi-Fiとは

そもそもWi-Fiとはパソコンやテレビ、スマートフォン、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器をワイヤレスでLANに接続する技術のことです。LANとはlocal area network のことでLANに接続している機器同士を接続したり、ネットに接続したりする役割を担います。

Wi-Fi接続することによってできるようになること

①スマートフォンやパソコンなどのインターネットに接続ができる

今はWi-Fi接続することで接続している機器すべてでインターネットを利用できます。ごく当たり前のように聞こえますが、昔は考えられないくらいの技術なのです。ただ、その分ルーターの負担が大きくなり、しっかりと電波を供給できるものでなければパンクしてしまいます。最近では家族全員がスマートフォンを持ち、PCやゲーム機も同時に使っているところが多いでしょう。しっかりとした回線とルーターに変更が必要な方も必見です。

②画像や動画などを共有することができる

Wi-Fiに繋いだ機器同士で動画や画像などのデータを共有することができます。例えばカメラからスマートフォンに画像を送信する際も、一瞬にして共有することができるのでSNSにすぐに投稿することができます。また、スマートフォンからプリンターにデータを送ることもできるので資料の印刷も即座にできます。

③スマートフォンの映像をテレビに映し出すことができる

プレゼンテーションの資料をスマートフォンで作成し、テレビに映して練習することができます。また、YouTubeなどの動画もそのままテレビで見ることもできてしまいます。Wi-Fi接続をすることによってできるようになることは他にもたくさんあり、ここでは上げきれませんが、とにかくメリットがたくさんあるのです!

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiはインターネットにルーター、モデムを通してリクエストし返答を得るという仕組みになっています。

ですから、巷でよく聞かされるルーターはあくまで仲介役でしかなく、一番大事なのはネット回線になります。もちろん、仲介役がしっかりしていないといくらネット回線が良くても意味はありませんが…

とにかく、ポイントは二つで①インターネット回線と②ルーターになります。もちろん自宅でWi-Fiを利用するにはこれら2つの準備が必要になります。心に留めておきましょう。

自宅でWi-Fiを安く利用!据え置き型Wi-Fiルーター

前述しましたが、自宅で据え置き型のWi-Fiルーターを設置し、インターネットを利用するには2つの準備が必要になります。①インターネット回線と②Wi-Fiルーターです。順に解説していきます。

①インターネット回線

まずは大元であるインターネット回線を開設する必要があります。一戸建てのお家や回線が開設されていないマンションではこの段階で工事が必要になるので注意です。詳しく紹介していきましょう。

光回線)
現在のインターネット接続の主流となっている回線です。おそらくほとんどの家庭がこの回線で契約をしているでしょう。なぜこの回線が使われるのかというと他の回線にくらべ圧倒的に通信速度が速いからで、動画の読み込み、データのダウンロードなどストレスなく行うことができます。ただその分、料金が高いというデメリットがありましたが、最近では低価格のプロバイダーも出てきました。“auひかりone”や“フレッツ光”などが光回線になります。プロバイダの比較も後述しますので参考にしてください。

ADSL)
ADSLとは、一般家庭にある電話回線を使ってインターネットに接続する通信サービスになります。実は世界で最も普及率が高いのがこのADSLになります。光回線が生まれる前はこの“ADSL”が使われており、高速かつ、大容量のデータ通信ができるとして便利でした。しかし、光回線の普及によりその役目を終えつつあります。

CATV)
CATVとはケーブルテレビの回線を利用して通信を行なっているものになります。光回線ほどとは言えませんが“ADSL”よりは安定した通信スピードがあると言われています。ケーブルテレビ契約をしている方は料金も安くなるので、便利です。

②Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターとは、IPアドレスを自動的に割り振りする機能と複数の機器をインターネット接続ができるようにする機能を持った機械になります。IPアドレスとはネット接続をしている機械にあたえられる座標のようなもので、ルーター側がそれらの機器を特定するために設定されるものです。IPアドレスを指定することでデータのやり取りを正確にしています。

そんなWi-Fiルーターはネット回線を機器と接続する仲介役を担っており、その電波力によって家の中でのネットの繋がりが大きく変わってきます。ですからルーターもしっかりとしたものを選ぶ必要があります。そこでオススメのルーターを3つほど紹介しますので参考にしてみてください。

BUFFALO “トライバンドWi-Fiルーター”

Wi-Fiルーター販売会社といえば“BUFFALO”というくらい有名な通信会社が販売しているのがこの“トライバンドWi-Fiルーター”です。値段が16000円と少し高額ですが、最先端の技術をふんだんに取り入れ、安定した電波を供給します。詳しく紹介していきます。

特徴①)3種類の電波を同時に発信する

一般的なWi-Fiルーターは2.4GHzと5.0GHzの2種類のWi-Fi電波を持つデュアルバンドのルーターです。一方の“トライバンドWi-Fiルーター”はその名の通り、2.4GHzと5.0GHzと5.0GHzの3種類のWi-Fi電波を持っています。3種類の電波を利用できるので、電波が安定しているのだけでなく、複数の機器が接続されていても高速かつ大容量の通信が可能なのです。実際にこの“トライバンドWi-Fiルーター”は24台までの複数同時接続が可能となっているのです。

特徴②)4K動画配信に対応した最新の機能

最近テレビ番組の4K配信がどんどんと増えてきていますように、スマートフォンやPCでの4K動画も増えてきています。4Kの動画は画像が鮮明なのでそのデータ量は非常に多く、従来のものであると、読み込みが異常に長かったり、途切れ途切れになったりすることがあります。しかし“トライバンドWi-Fiルーター”はそれを可能にし、ストレスなく動画視聴をすることができます。

特徴③)アプリで設定ができる

“トライバンドWi-Fiルーター”の発売に合わせて専用スマホアプリ「WTR Manager」がリリースされました。“トライバンドWi-Fiルーター”とつながっている機器を状況確認できセキュリティ対策も万全です。電波の状況も常に確認できるので速度やデータ量の状態も可視化されています。家の場所によって電波の強さが把握でき便利です。

BUFFALO “WSR-2533DHP”

こちらもBUFFALOの製品で、人気の商品となっています。“トライバンドWi-Fiルーター”ほどのスペックが必要でない方はほとんどこちらを購入しているそうです。値段は8900円で安くはないですが、インフラとしてはかなりお手頃。その特徴を詳しく紹介していきます。

特徴①)4本のアンテナが広範囲をカバー

4本のアンテナが内蔵され、強力な電波を発信しているのでこの一台で家のどこでもストレスなくネットを利用することができます。また、“ビームフォーミング機能”が搭載されています。“ビームフォーミング機能”とは反射しながら飛び交う複数の電波を、お互いが強め合うように計算・調整し、電波を受信するスマホなどの機器を狙って最適な電波の束を形成する技術です。この技術により、障害物が多い場所にもなどにも電波がしっかりとどくようになっているのです。

特徴②)ネットの使いすぎや有害サイトを自動ブロック

こちらの製品もアプリ連携が可能で、設定の変更により、有害サイトやネットの使いすぎを防止することができます。子供にもスマートフォンを持たせる家庭が増えてきていますが、そのセキュリティはまだまだ発展途上であります。Wi-Fiルーターの時点でブロックしておくことで対策ができるのでおすすめです。

エレコム “WRC-1900GST”

“WRC-1900GST”は大手通信会社であるエレコムが提供している製品で速度、データ量ともに申し分のない機能が搭載されております。価格が15000円と少し高めではありますが、会社のオフィスなど広い空間でもよく使われる製品となっています。詳しく紹介しています。

特徴①)セキュリティが万全

Wi-Fiルーターを使う際に一番注意しなければならないのが、セキュリティ面です。特に会社で利用する際には特に注意しなければなりません。“WRC-1900GST”は悪質サイトのブロック、情報漏洩の対策が万全ですので、オフィスでよく利用されているのです。

特徴②)3階建の建物でも安定した電波を供給

アンテナ製造業界の最大手と言われているDXアンテナと共同開発したパワーアンテナが搭載されており、従来の製品の123%機能がパワーアップされています。また、“ビームフォーミング”、“デュアルコアCPU”と最新の技術も内蔵されており、処理速度も最速。オススメのWi-Fiルーターです。

持ち運びに便利ポケットWi-Fi

ここまで据え置き型のWi-Fiルーターを紹介してきましたが、持ち運びが可能な“ポケットWi-Fi”も便利です。ポケットWi-Fiは料金が安い、すぐに使えるというメリットもある分、据え置き型のWi-Fiに比べ使いにくい部分もあります。それらを把握した上で契約に進めると良いと思います。詳しく紹介していきます。

ポケットWi-Fiのメリット

①持ち運びが可能

ポケットWi-Fiの一番の特徴と言っても過言ではないのがこの“持ち運びが可能である”という点です。最近では大容量プランが各大手キャリアで契約することが可能ではありますが、やはり通信量というのは常にきにするものです。その点ポケットWi-Fiを契約しておけば、データ量を分散することができますし、最近ではデータ量無制限のものも出てきているので、もはやキャリア契約の必要すらなくなってきています。

②回線工事が不要ですぐに使うことができる

据え置き型のWi-Fiルーターを設置するのには2つの準備をする必要がありました。①ネット回線と②Wi-Fiルーターでしたよね。前述しました通り①のネット回線を開通するためには工事が必要で準備・工事とある程度時間がかかってしまいます。ある人によっては3日程度でキャリアのデータ量を使い切ってしまうでしょう。そんな方にはなるべく早くWi-Fi環境が必要です。その点ポケットWi-Fiは超短期の契約も可能で、工事が完了する間だけでも利用することができます。非常時に役立つWi-Fiとして優秀な面を持っているのです。

③光回線に比べて安い

光回線の値段が下がってきたとはいえ1ヶ月あたり1万円ほどの支出になります。家庭のインフラとして重要な役割を果たしているとはいえ、1年で12万円近くの支出は非常に大きいです。その一方、ポケットWi-Fiは1ヶ月あたり3000円程度で使えるものがほとんどです。もし、そこまでWi-Fiを家庭で酷使しないのであれば、ポケットWi-Fiを利用してみるのも良いかもしれません。

ポケットWi-Fiのデメリット

①バッテリーを気にする必要がある

ポケットWi-Fiとはいえ、使いすぎるとバッテリーを消費してしまいます。特に最近はスマートフォンのバッテリーが問題になっていますのと同様に小型のポケットWi-Fiもその問題は改善されていません。ポケットWi-Fiは基本的にレンタルのところが多いので使い古したものであると数時間でバッテリーが切れてしまいます。契約の際はなるべく最新の機器を借りることのできるよう店員さんに相談をしてみましょう。

②荷物になる

Wi-Fiのアクセスポイントとして機能している間は特に気になることはないと思いますが、充電切れを起こすと途端に荷物として邪魔と感じるようになるでしょう。非常に厄介な点です、ですから、あらかじめ呼びのバッテリーを借りておいたり、モバイルバッテリーを持つなどしたりして対処するようにしましょう。

オススメのポケットWi-Fi

ここではオススメのポケットWi-Fiを紹介していきます。料金、データ量などぜひ参考にしてください。

オススメのポケットWi-Fi① “WiMAX”

料金プラン

<ギガ放題プラン>
①月額利用料→最初の3ヶ月 2726円 4ヶ月目からは3411円
②契約事務手数料 3000円
③月間データ容量制限なし ただし3日間で10Gを超えると3日間速度制限

<ライトプラン>
①月額利用料→最初の3ヶ月 2726円 4ヶ月目からは3326円
②契約事務手数料 3000円
③月間7GBまで利用可能

HP: https://www.uqwimax.jp/

特徴は何と言ってもデータ量無制限のプランがあるというところでしょう。ポケットWi-Fiと言ってもデータ量に制限があるところが正直ネックではありますが、最近では据え置き型のWi-Fiルーターに負けじと価格、データ量、通信速度に自信を持ったサービスがどんどんと提供され始めています。“WiMAX”のポケットWi-Fiもそのうちの一つで、非常に使いやすく、サービスも充実していますのでぜひ利用してはいかがでしょうか。

オススメのポケットWi-Fi② “Yahoo Wi-Fi”

料金プラン

<Yahooプレミアム会員>
①月額利用料→一律 2480円
②月間5GBまで利用可能

<Yahooプレミアム未加入>
①月額利用料→一律 3696円
②月間5GBまで利用可能

HP: https://wifi.yahoo.co.jp/

最近“PayPay”のサービスを始めましたYahooが運営するポケットWi-Fiになります。“Yahoo Wi-Fi”の特徴は、料金プラン・オプションプランが非常にシンプルでわかりやすいという点になります。これは他の会社と大きく変わっている点で、基本的に月ごとの契約となるポケットWi-Fiは契約が非常に複雑になります。ですからサービスも複雑化し少しでも客からお金を巻き上げようとする会社もあります。しかし、信頼と実績のあるYahooではシンプルな料金設定に誰もが理解のできるプランで安心して契約することができます。面倒な契約を避けたい人にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭にも述べました通り“Wi-Fi”は各家庭に必須のものとなりつつあります。ですが、まだまだ発展途上の技術で今後まだまだ伸びることでしょう。料金、データ量、通信速度など様々な観点から、「自分の家にはどれ程のスペックが必要であるのか」を吟味して回線や製品を選ぶと良いと思います。最適なWi-Fi環境を作れるようぜひこの記事を参考にしてください!

関連記事

  1. 格安プリペイドSIMとは?通話できる?大手キャリアに対抗できるその秘密…

  2. 韓国旅行でWi-Fiはどうする?海外渡航でのWi-Fiレンタルとは?

  3. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  4. Wi-Fiルーターの値段を比較!性能から品質まで徹底調査!

  5. ヨーロッパの複数国渡航には、格安SIMを利用するべき

  6. 日本の大手キャリア“ソフトバンク” Wi-Fiを利用する方法

PAGE TOP