Wi-Fi・SIMカード

ハワイにはレンタルWi-Fiを持っていくべきか

ハワイは日本から旅行する人が多く、年間におよそ150万人近くの日本人が渡航しています。

ハワイに行く時は、バカンス気分でストレスなく楽しみたいですよね。そんな旅行の鍵になるのは日常生活に欠かせないスマートフォン。人それぞれ、スマートフォンの用途はありますがそれ次第ではレンタルWi-Fiが必要となります。

そこで今回は、ハワイに行く際に、レンタルWi-Fiが必要かについてご紹介いたします。

  • 海外渡航前の設定変更は必須、高額請求の可能性あり
  • フリーWi-Fiにはセキュリティ面で難あり
  • ハワイはフリーWi-Fiが充実しているが低速の場合が多い
  • 無料アプリ「Gohawaii」を使うとWi-Fiだけでなく観光の手助けもしてくれる
  • ハワイ旅行にもレンタルWi-Fiは必須

 

海外に行くとき、設定をそのままにして行くと後で大変なことになる

海外に行く時、日本と同様にスマートフォンを使用する事は基本出来ません。それは国内で契約したスマートフォンは、国内で使う為に契約プランが組まれているものがほとんどです。その為、使用する事はできても帰国後、高額請求が発生したり緊急時や必要な時に使えなかったりするなどのケースが考えられます。なので、調べたり各携帯端末会社に問い合わせたりするなどして事前に準備をしておきましょう。

また海外に行く際には、どのような設定をしておくか知っておいた方が良いでしょう。

国際ローミングは提携していないと高額請求が発生する

基本、なにも設定もせず国内にいる時と同じように海外で使う場合、「データローミング」という設定がオンにされており、高額請求に繋がる恐れがあります。海外へ旅行する際、特に「国際データローミング」に気をつけなければなりません。

「国際データローミング」とは各携帯端末会社が海外のデータ通信会社と提携しているシステムです。これは旅行等の理由で海外へ出た方に対して、インターネット等が使えるように自動で提携会社へのデータ通信を行ってくれるサービスです。

このサービスにおいて注意しなければならない点は自動で提携会社へデータ通信の接続が行われてしまうことです。実はこのサービス、国内で契約したプラン等のほとんどは適用されず、別料金として金額が発生してしまいます。また、この料金は定額ではなく、従量課金制となっている為、高額請求に繋がる恐れがあります。

設定をオフにする方法を詳しく載せておきますので、不安な方はとりあえず指示通りに行ってみてください。

<国際データローミングの設定変更の方法>

①モバイルデータ通信、データローミングの両方の設定をオフにする

まずは必ずこの2つの設定をオフにしましょう。これらをオンにしたままだと気づかないうちに携帯会社の海外パケットで超高額請求されることがあります。iPhoneやAndroidで少し設定の仕方が違うので別々に解説します。

iPhoneの場合
→設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信をオフに

Androidの場合
→設定→その他の設定→モバイルネットワーク→データローミングをオフ→モバイルデータ通信をオフ

*順番を守るようにしてください

②アプリの自動更新やクラウドの設定を変更

iPhoneの場合
1)iCloud
→設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップをオフ
2)iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリーム
→設定→写真とカメラ→iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリームをオフにする
*オフにする前にデータのバックアップは必ず取っておきましょう。写真が全て消えてしまう可能性があります。
3)アプリの自動ダウンロード
→設定→iTunes StoreとApp Store→オンになっている部分を全てオフに
4)Wi-Fiアシストのオフ
→設定→モバイルデータ通信→Wi-Fiアシストをオフに

iPhoneの設定は以上になります。設定な大きな変更になりますので必ずPCやクラウドでバックアップを取っておくようにしましょう。

Androidの場合
1)アプリ自動ダウンロード
→設定→アプリの自動更新→自動更新は一切しないに変更
2)クラウドストレージサービス
→設定→バックアップと同期→バックアップと同期をオフ

フリーWi-Fiは情報漏えいや不正利用に注意が必要

フリーWi-Fiは、無料・無制限でWi-Fiが一定範囲内で使える一方、誰もが利用する為個人情報などが晒されたり、サイバーウイルス感染等から不正利用されたりする可能性が考えられます。こういった不正利用には個人情報の流用やクレジットカードの情報流用などが含まれます。今やスマートフォンはただの端末ではなく、個人情報を搭載した端末です。なので、しっかりアドレスや利用規約などを確認してからフリーWi-Fiを利用するようにしましょう。

 

ハワイには沢山のWi-Fiスポットがあるが、通信が不安定

ハワイは観光地として政府が力を入れており、観光客向けに多くのWi-Fiスポットを施設に留まらず路上などにも整備しました。これにより、観光客は多くの場所でフリーWi-Fiへの接続が可能となりました。

しかし、接続できる場所が増えた一方で、通信環境の安定性がまだまだ不安視されています。それはフリーWi-Fiへ接続する人数が多く、データ通信が低速になってしまっている為です。また、フリーWi-Fiはそれほど広範囲ではないものが多い為、通信が安定せず接続が切れてしまう場合もあります。

このような点は、年間900万人以上の観光客が来るハワイならでは。ですが観光客としてはやはりデータ通信は速く、安定した方がいいですよね。

ハワイ州観光局がフリーWi-Fiを整備している

ハワイには、商業施設以外にもハワイ州観光局がフリーWi-Fiを路上等に整備しています。

これにより、お店等の施設内だけではなく、路上でもフリーWi-Fiに接続して、インターネットを利用することができます。

なかなか日本では見られないものですが、それだけ政府が観光客向けの設備を充実させている証拠でもあります。

観光地だからこそのこういった整備ですので、必要に応じて利用するのもいいかと思います。

お店や空港ラウンジ、ホテルなどにも整備されている

勿論、日本同様にスターバックスやマクドナルド等の商業施設や空港のラウンジ、宿泊するホテル等にもWi-Fiスポットはあります。

但し、場所によっては利用時間の制限などがある為注意しましょう。

ハワイは観光客が多いため、インターネット回線が安定していない

ハワイ州観光局がWi-Fiスポットを整備していたり、商業施設や公共施設等でも整備されたりしていますが、当然、データ通信をする人が多ければ多いほどサーバーにかかる負担が大きくなるのでインターネット回線は安定しません。

なので、フリーWi-Fiを利用してデータ通信をしたくても出来ずストレスを感じる場面があるかもしれませんね。

 

無料で使うなら「Gohawaii」を使おう

ハワイ州観光局では、ハワイに来る観光客向けに「Gohawaii」というアプリを提供しています。日本語にも対応しており、基本情報から現地情報まで載っているので日本人観光客にも安心です。

ハワイに行かれる方は「Gohawaii」をダウンロードしておいた方が良いでしょう。

「Gohawaii」はハワイに行く観光客には必須の無料アプリである

観光地として有名なハワイではハワイ州観光局がより力を入れるために「Gohawaii」という観光客向けのアプリサービスを行なっています。

このアプリでは、ハワイの写真や天候、ガイドブックやニュースなどハワイに関する様々な情報が集約されています。

またこのアプリを通して、街のWi-Fiスポットへ接続でき、無料でフリーWi-Fiを利用できるシステムもあります。

旅行でハワイに行く際には必須のアプリとなっています。日本語にも対応していますのでダウンロードをお勧めします。

「Gohawaii」があれば観光に困らない

「Gohawaii」には、サイト内にガイドブックがあります。しかも、ガイドブックは目的別に分けられています。オアフ島、ハワイ島やマウイ島といった土地別のガイドブック。それからハワイでのウェディングに興味がある方向けのガイドブックやご褒美として観光を楽しむ方向け、教育旅行を考えている方向けのガイドブックがそれぞれ用意されています。

このガイドブックはPDF化されているので予めダウンロードしておけば、オフラインでも読むことが出来ます。

なかなか本などを買っても現地へ持って行くと荷物になってしまい持ち運びに困る方にはおすすめです。

 

ハワイに行くならレンタルWi-Fiを利用すべき

インターネットを安定して自由に使いたい方はレンタルWi-Fiを持っていった方が良いでしょう。

フリーWi-Fiは確かに少し面倒な設定をすれば無料でWi-Fiスポット周辺でサービスを使うことができ、それで良いという方もいると思います。

ですが、交通機関の使い方や翻訳アプリを「すぐに使いたい」と思った時にインターネットが使えないと不便に感じると思います。またタイムリーに画像などを送りたい際にもフリーWi-Fiだと通信速度が遅い場合があるため、時間がかかったり、お店などのフリーWi-Fiを利用する場合だと多くの所で店内でしか利用できない為、満席だとフリーWi-Fiに接続できなかったりするなど不安要素がたくさんあります。

そういった時にレンタルWi-Fiがあれば、すぐにインターネットが使用できます。またレンタルWi-Fiはセキュリティもパスワード付きのためこれがあればスマートフォン内の個人情報は安全に守られます。

レンタルWi-Fiは接続も簡単で、SSIDとパスワードをスマートフォンに入力すれば簡単に接続する事ができます。

レンタルWi-Fiの利点は他にもあります。

それは複数人でレンタルWi-Fiのデータ通信をシェアする事が出来る点です。
やはり、旅行は友だちや家族など複数人で行かれる方も多いと思います。そういった方はレンタルWi-Fiを借りたらより良い旅行になると思います。

レンタルするなら「海外専用グローバルWi-Fi」がオススメです

レンタルWi-Fiを選ぶ際には、「海外専用グローバルWi-Fi」をお勧めします。

その理由は、格安な事とプランが3種類あるからです。

まず、料金ですがハワイではメールやLINEだけを使うプランでは1日あたり1000円以下でレンタルする事が出来ます。またプランは通常・大容量・超大容量プランの3種類があります。データ通信量は通常プランから250MB・500MB・1GBとなっています。これにより、1人から複数人で利用する事も可能となっているのです。ちなみに超大容量プランを4人で使うと1日1人あたり400円程度で利用する事が出来ます。

早めに申し込むことによって早期割引を受ける事も出来ます。旅先ではお金を使いたいけど、それ以外の所は出来るだけお金をかけたくない、という方におすすめです。

旅行当日ハワイでwi-fiを借りられるのは、「GLOBAL wi-fi」と「アロハデータ」だけ

当日、ハワイでレンタルWi-Fiを借りられるものは、「GLOBAL Wi-Fi」と「アロハデータ」の2種類しかありません。その為、この2社は非常に人気があります。

特に、「アロハデータ」は性能がよくコストパフォーマンスが高めなので「GLOBAL Wi-Fi」より人気があります。失くしてしまうと困ったりする方や当日になって借りたい方は電話で事前に連絡すれば現地で受け取る事が出来ます。

但し注意していただきたいのは受け取り場所がホノルル市街にあり、空港カウンターではなくオフィスでの受け取りになってしまう事です。また返却時も同様でオフィスまで行かなければならない為、面倒な手間がかかってしまいます。オフィスの営業時間も短いので要注意です。

ほとんどの場合当日に借りることは出来ます。しかし時期やタイミングによっては在庫を切らしている場合もあります。そういった場合、インターネット通信が使えず非常に困ってしまう場合がありますので、予約申し込みを済ませておくか、日本国内で借りておく方が良いでしょう。

日本国内の空港でレンタルするなら前日までに申し込みを済ませましょう

日本国内の空港でもレンタルする事は可能ですが、在庫切れという可能性もあるので前日までに予め申し込みを済ませておきましょう。

余裕を持って申し込みをするとレンタルWi-Fiの会社によっては早期割引など特典がある場合があります。また、調べたりする事が出来るので自分の目的や用途、値段帯に合ったものが選べるのでレンタルする際は早めに行動しましょう。

旅行当日までに申し込んでおけば、自宅へ郵送するか当日、日本国内の空港で受け取るか選ぶことが出来ます。但し、海外専用のレンタルWi-Fiは国内では利用できないので注意しましょう。

確実にインターネットが使えるので安心できる

施設などのフリーWi-Fiは、接続や通信が不安定ですが、レンタルWi-Fiは契約時の容量内であればスピーディかつ安定してインターネットを利用できます。レンタルWi-Fiによっては、4Gよりも通信速度の速いLTEを利用する事が出来ます。

但し、レンタルWi-Fiは国内にいる時と同じようにデータ通信量が決まっています。契約データ通信量を超えた場合には速度制限がかかります。また追加購入は出来ませんので注意しましょう。

 

インターネットを使わない人はレンタルWi-Fiは借りなくていい

例えば、時計やカメラなどのオフラインの機能だけを使う方は、レンタルWi-Fiは不要です。

そういった機能は設定を予め済ませておけば、問題なく使用する事ができます。また、電話やメールなどインターネットを使うものでも一部機能についてはレンタルWi-Fiを使わずに別の方法で使用することができます。

ローミング等の設定は済ませてから渡航しましょう

高額請求の恐れがある「データローミング」は特に国内にいる時にオフにしておきましょう。他にも、アプリの自動アップデートやアプリで自動更新機能がついているものについても設定を変更しておきましょう。フリーWi-FiやレンタルWi-Fiに接続した際に無駄なデータ通信が発生する事になりますので注意しましょう。

時計やカメラ、GoogleMapも使える

前述しました通り、オフラインでも時計やカメラなどの一部アプリは使用できます。

時計については、現地時間とのズレが端末によってはありますので予め日本国内で設定をしてから渡航しましょう。

カメラは、日本国内で予め設定を変更する必要があります。カメラは一部端末で撮った場所を記録しているものがあります。そういった所でもデータ通信が発生する場合があるので予めオフにしておきましょう。

地図アプリ「GoogleMap」は、予め準備をしておけばデータ通信不要で使用することができます。但し、ダウンロードする際はダウンロード出来る範囲が決まっている為、現地で予定を組み立てる人はレンタルWi-Fiを借りた方が良いでしょう。

また、電話やメールなどのインターネットを利用する機能の中でもこの2つについては従量課金か予め専用のカードを購入し、課金をしておくことによって使用することができます。

 

まとめ

結論から言うと、インターネットを絶対に使用する方はレンタルWi-Fiを持っていった方が良いでしょう。逆に、インターネットを使わなくてもあまり困らない方はハワイの公共施設や商業施設などのセキュリティの高いフリーWi-Fiを使うことをお勧めします。

また「Gohawaii」はハワイへ行く際はとりあえずダウンロードしておきましょう。現地で時間が余った時やリサーチ不足で行きたい所のアクセスが分からない場合に必要となります。こういったアプリを利用するのは家族や友だちなど複数人で行かれる方が多いと思います。そういった方々もレンタルWi-Fiをシェアして使えば全く問題ないと思います。

但し、レンタルWi-Fiは1日の通信量がプランによって決まっていますので、YouTubeなどのデータ通信量が高いものを利用してしまうと1時間から2時間程度で通信制限になってしまうので注意しましょう。

関連記事

  1. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  2. 成田空港で当日レンタルできるWi-Fiを活用しよう

  3. Wi-Fiを安く利用する方法 オススメのサービスを紹介!

  4. 海外旅行出発前にはスマホの設定変更が必須!高額請求を避けよう。

  5. 旅先で役立つ!国内・海外旅行に便利なポケットWi-Fiレンタル

  6. 格安SIMのスペックとは?性能を徹底解説

PAGE TOP