Wi-Fi・SIMカード

auの利用者は海外に行くとき、auのサービスとレンタルWi-Fi、どちらをつかうべきか?

グローバル化といわれる現代では、日本人が海外へ旅行や仕事に行く機会が増え、年々国外へ渡航する人は増加しています。その際に、皆さんが日常生活の必需品として海外に持っていくスマートフォン。海外に行く際、利用される方は多いと思います。ただ、何の設定もせずに海外に行き日本同様に使うことは出来ません。もしくは、そのようなことを知ってはいるものの、どんなサービスなどを使えばいいのか、どんな設定をすればいいのか分からない方も多いと思います。

そこで、今回は携帯キャリアの中で、国内で4人に1人が使い、国内シェアが増加しているauを利用しているユーザー、またこれからauを利用しようと考えている方向けに海外でスマートフォンを使用するための方法を紹介していきます。

目次

海外に行くとき、何の設定もしないと使用に制限がかかる

日本を出たらサービスを追加するか設定を変更しないと日本国内にいるときに比べて利用できる機能が制限されます。それは皆さんが使用しているスマートフォンは基本的に日本国内で使用することを前提としたプランになっているからなのです。

日本でWi-Fiなしで使えるのは国内でモバイルデータ通信の契約があるため

「利用制限になってしまった!」そんな経験がスマートフォンを使い始めてから1度はあるかと思います。これは携帯を契約する時に様々なサービスや機種本体とともに「データ通信量」を金額によって決めているからです。この「データ通信」はあくまで契約した時の国でしか利用できませんが、その国の中であればほぼどこでもインターネットを利用する事ができます。

何もしないまま渡航先で使用すると高額な料金が発生する

スマホには元々ついている機能の中に「データローミング」というものがあります。これは日本以外の国に渡航した際に日本の会社が提携する現地の携帯電話の会社の電波を自動で使用することが出来るものです。

ここで海外でも問題なく使えると思った方、要注意です。「データローミング」は自分が国内で契約したプランは使えず、従量課金制となっています。そのため、帰国したら高額な請求がくる可能性が非常に高くなります。また「データローミング」は厄介な事に設定を変更しないと自動的に課金されてしまいます。ですから、この点には十分注意をしましょう。

<データローミングの設定変更方法>

①モバイルデータ通信、データローミングの両方の設定をオフにする

まずは必ずこの2つの設定をオフにしましょう。これらをオンにしたままだと気づかないうちに携帯会社の海外パケットで超高額請求されることがあります。iPhoneやAndroidで少し設定の仕方が違うので別々に解説します。

iPhoneの場合
→設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信をオフに

Androidの場合
→設定→その他の設定→モバイルネットワーク→データローミングをオフ→モバイルデータ通信をオフ

*順番を守るようにしてください

②アプリの自動更新やクラウドの設定を変更

iPhoneの場合
1)iCloud
→設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップをオフ
2)iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリーム
→設定→写真とカメラ→iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリームをオフにする
*オフにする前にデータのバックアップは必ず取っておきましょう。写真が全て消えてしまう可能性があります。
3)アプリの自動ダウンロード
→設定→iTunes StoreとApp Store→オンになっている部分を全てオフに
4)Wi-Fiアシストのオフ
→設定→モバイルデータ通信→Wi-Fiアシストをオフに

iPhoneの設定は以上になります。設定な大きな変更になりますので必ずPCやクラウドでバックアップを取っておくようにしましょう。

Androidの場合
1)アプリ自動ダウンロード
→設定→アプリの自動更新→自動更新は一切しないに変更
2)クラウドストレージサービス
→設定→バックアップと同期→バックアップと同期をオフ

Androidの設定も以上になります。少し細かくて面倒かもしれませんが、高額請求が来る可能性もあるので必ず設定変更をしましょう。

「公衆無線LAN」は不正アクセスなどのリスクが伴うので要注意

「公衆無線LAN」とは、お店や公共施設がインターネットへの接続を提供するサービスの事を指します。「公衆無線LAN」は不特定多数のスマートフォンが同じWi-Fiに接続しています。そのためセキュリティに限界があり、他人のスマートフォンへの不正アクセスが発生しています。それは個人情報の漏洩に繋がる恐れもあります。

「日本みたいに使えないなら公共施設やお店のWi-Fiを使えばいい」と考えていた方もいるかもしれませんが、当然便利である以上リスクやデメリットがあるのは忘れないようにしましょう。

現代のスマートフォンは、単に連絡するための1つの手段ではなくなりました。スマートフォンにはたくさんの個人情報が含まれています。国内外に関わらず「公衆無線LAN」は個人情報の漏洩があることを覚えておきましょう。

auには渡航者向けに「au海外・国際サービス」が存在する。

auには海外に行く方向けに「au海外・国際サービス」というサービスがあり、その中に「世界データ定額」や「海外W定額」といったプランがあります。どちらも150カ国以上で使えるサービスなので基本的に渡航先で使えないといった問題はないと思います。渡航先でそういったサービスが使えるか確認したい場合は、以下のauの公式サイトで確認しましょう。

au公式サイト

「世界データ定額」は契約している容量からデータ通信が出来るプラン

「世界データ定額」は今持っているスマートフォンの契約しているデータ通信の容量内で海外でも日本国内と同様のデータ通信が出来るようになります。また、「世界データ定額」にはアプリがあり、簡単に利用を開始できます。更にこのアプリは利用を開始してから24時間で自動切断されるので必要以上に料金がかかることもありません。金額は980円/1日となっています。

au STAR会員の方は毎月1回分(24時間)が自動適用されるので、1日分の料金で2日間使用することが出来るのでオススメです。

「海外W定額」は定額でデータ通信が出来るプラン

一方、「海外W定額」はデータ通信量が約24MBまで1日1980円、最大2980円でいくらでも使うことが出来るサービスです。このサービスは機種によって設定が変わるので多少手間がかかります。

渡航前後に設定が必要となりますが、約1,6円/KBで使用でき、2980円でデータ通信量が無制限になりますので、データ通信を頻繁に使う方にオススメです。

「世界データ定額」はインターネットをあまり使わない方、「海外W定額」はよく使う方にオススメ

「世界データ定額」は国内で契約している通信量から引かれるのでインターネットを頻繁に利用しない方にはオススメのプランです。一方「海外W定額」はデータ通信量によって金額が変わってくるのである程度、仕事や自分のやることが決まっており、データ容量が必要かつ、利用頻度が高めの方にオススメです。

この2つのプランには注意があります。「世界データ定額」は利用開始から24時間経過で自動切断されるのに対し、「海外W定額」は日本時間で1日をベースにしています。この辺は実際に使用する際タイミングによって異なってくるので注意しましょう。

「カメラや時計だけ使用」・「電話だけ」・「日本にいる時と同じように使用したい」目的によって設定やサービスが変わってくる

ここまで渡航する際に何も設定しないと使えない理由とプランについて紹介しましたが、海外に行く目的は人それぞれなので、やはり目的にあった設定やプランが必要だと思います。

もしかしたら、人によっては設定だけで追加料金が全くかからない方もいれば、一方渡航前に日本国内できちんと渡航者向けのプランを契約したほうが良い方もいます。また渡航する人数によってもオススメするサービスが変わってきます。

よって、ここからは使用目的などに合わせた設定やサービスを紹介していきます。

①「カメラや時計だけ」という方は、設定だけで追加料金一切無し

まず、カメラや時計機能など「データ通信」を必要としない方は、設定さえしっかり変更すれば、追加料金が一切発生しない状態で渡航先でも使用できます。

この設定ですが、スマートフォンには「機内モード」という機能がついています。この機能は元々“飛行機が携帯電波の影響を受けないようにするため”に追加された機能です。ですから、「機内モード」では「データ通信」を必要としないため、設定したままにしておけば、追加料金が発生しません。

設定の仕方ですが、「設定」から「機内モード」をオンにすれば設定完了です。また「機内モード」はWi-Fiに接続すればインターネットが使用できるので、ホテルやお店などで「公衆無線LAN」に接続してインターネットを利用するだけで良い人にピッタリです。

①に加えて「電話だけ」という方は、設定だけでプラン契約の必要性なし。

時計やカメラの機能に加えて、通話さえ出来ればよい方は機種によって多少設定が異なりますが、「データローミング」をオフにすれば通話料金以上のお金はかかりません。iPhoneの方は4Gもオフにしましょう。

また、auには「au国際電話サービス」があります。申し込み不要で、通常の請求と合算で請求されるサービスなのであまり手間がかかりません。ダイヤル方法ですが、「010」+「国番号」+「相手の電話番号」で電話をかけることが出来ます。

ただ、注意していただきたいのは、「国際発信」であること。「国際発信」にはその都度料金が発生し、複数人で旅に行った際、同行者に電話をかけるときにも料金が発生してしまうので注意しましょう。

「プリペイド」サービスを使えば、電話やメールが決まった金額分だけ使用できる

auにはプリペイドカードを必要金額分購入して、「プリペイド専用電話」から電話やメール(SMS)が利用できるサービスがあります。(ちなみにSMSの受信は無料。送信のみ有料)「国際発信」の際は国ごとに20円当たり~秒と決まっており、アメリカであれば20円で12秒、韓国であれば20円で9秒通話が出来ます。

「日本にいる時と同じように使用したい」方はプラン契約をしましょう。

日本にいる時と同じようにLINEなどのインターネットを日常的に使用したい方は、先述した「世界データ定額」か「海外W定額」を利用しましょう。人気がありますのはやはり渡航前に簡単に設定できる「世界データ定額」です。

面倒であれば、auの公式サイトを利用したほうがいい。

もしどちらにすればよいか分からない、分からない点があるようなら悩むよりauの公式サイトの「お問い合わせ」や空港にある「au,KDDIカウンター」で聞いてみたほうが良いでしょう。auの公式サイトにはチャットで質問に自動応答してくれるサービスもあります。

下記にauの海外向けのサービスがどの国で利用できるか、地域についてのリンクをはっておきますのでそちらからも確認してみてください)

利用エリアについて

ここまでauのプランや設定についてお話ししましたが、家族や友達など複数人でいく場合に個人個人で設定する時間がなかったりするケースもあると思います。また急遽決まった旅行であれば、わざわざ新しく契約するのも面倒かと思います。そういった方向けに持ち運びが出来る「Wi-Fi」があります。

渡航者向け「海外用レンタルWi-Fi」は急な渡航にもオススメ

「海外用レンタルWi-Fi」と呼ばれる、持ち運びが出来る「Wi-Fi」は、空港でも借りることが出来ます。複数人いる場合でもデータ通信をシェアしながらインターネットを使用できるので最近利用している人が多くなっているサービスです。

また「海外用レンタルWi-Fi」をレンタルサービスしている会社は数多くあります。例えばCMでよく見る「イモトのWi-Fi」や有名な「グローバルWi-Fi」などです。ちなみに「グローバルWi-Fi」であれば1GBあたり1500円程度で使用することが出来ます。(1GB=1000MB。1MB=1000KB。LINEで撮った写真を送る際は300MB。トークだけなら1回あたり2KB。)選ぶ際は、サポート体制や何ヶ所の空港に対応しているか調べてみることをおすすめします。

海外レンタルWi-Fiのメリットは、手続きが簡単で通信速度が安定、1日あたり1000円以下で利用できるところである

「海外用レンタルWi-Fi」は空港で借りることができ、会社とデータ通信量によっては1日あたり1000円以下で利用することが出来ます。借りる際も、事前に申し込みを済ませておけば、「Wi-Fiルーター」と呼ばれるポケットWi-Fiを、出発前に空港で受け取るか、郵送で自宅に送ってもらうことも出来ます。返却時は空港カウンターか返却用の専用ポストに入れれば完了となるのであまり手間がかかりません。

また、現地の通信回線を使うので、「Wi-Fiルーター」との距離さえ気をつけていれば通信が安定して使用することが出来ます。セキュリティ面についても、「ルーター」に「SSID」というネットワークを識別する名称のIDやパスワード設定がされているため、他人が「ルーター」を利用しデータ通信をすることは不可能となっています。

やはり、便利なところは、「海外用レンタルWi-Fi」は先述した通り、複数人でデータ通信量をシェアできることです。これにより、「海外用レンタルWi-Fi」の料金も使った人数分で割ることが出来ます。例えば、「1GBのグローバルWi-Fi」では、4人で使った場合1人当たり250MB、400円で使用することが出来ます。

このように「海外用レンタルWi-Fi」は複数人で渡航し、行動を一緒にする際には高いコストパフォーマンスを発揮します。

申し込み時クレジットカードが必須である

ただ、少し面倒なのは手続きの際にクレジットカードが必須であり、データ通信量も使い放題ではありません。またレンタル期間中はデータ通信をしている・していないに関わらず料金が発生してしまいます。

他にも、距離が離れると通信が切れてしまったり、そもそも電波が弱い地域があったりする場合があります。あらかじめ渡航先で単独行動、グループに分かれて別行動が考えられる場合には、複数の「海外用レンタルWi-Fi」を持っておくと良いでしょう。

自分の契約状況に合わせて、サービスを利用するか「海外用レンタルWi-Fi」を選択したほうが良い。

ここまで渡航する方の目的・必要な機能がどれなのか、それらに合わせてプランや設定をどのようにすればよいのかを紹介しました。

もし、海外に頻繁に仕事等で行かれるのであれば、あらかじめ機種本体を購入する際に、海外で「データ通信」ができるプランも契約しておくと良いでしょう。また個人で短期海外旅行に月1回ペースで行かれるかたであればau STAR会員になって「世界データ定額」を利用したほうが良いでしょう。

初めて海外に行く方であれば、やはり準備段階での手間は省きたいですよね。そういう方は「海外用レンタルWi-Fi」を利用して自分がどのくらいスマートフォンを利用するか確認してみると良いでしょう。

サービスやプランを選ぶ際は、何人で行くのか、安く済ませるか手間を省くかなどを考慮して決めましょう。

関連記事

  1. 海外で携帯を利用するには?快適な海外旅行にはスマホが必須!

  2. docomoの携帯を海外で使うには?海外旅行前の準備に最適!

  3. Xperia海外版と国内モデルの比較

  4. 日本の大手キャリア“ソフトバンク” Wi-Fiを利用する方法

  5. 海外旅行出発前にはスマホの設定変更が必須!高額請求を避けよう。

  6. 関西空港でWi-Fiルーターを借りよう!海外レンタルWi-Fiを借りる…

PAGE TOP