Wi-Fi・SIMカード

成田空港で当日レンタルできるWi-Fiを活用しよう

スマホの普及率も上がり、海外旅行には必須となったWi-Fi、皆さんはどのような仕組みになっているのかご存知でしょうか。

かつては海外旅行や海外出張の時にスマホでデータを使いまくり帰ってくると数十万円の請求が来たなんて話もありました。

しかし、今ではスマホを使う方法が多様化され、私たちにあったサービスを選択することができます。

たとえ、海外旅行当日になったとしても空港でレンタルすることだってできます。

そんな便利なサービスを使いこなすため、そしてより自分にあったものを選ぶことができるように今回は“成田空港でレンタルできる海外Wi-Fi”について詳しく紹介していきます。

成田空港でレンタルできる?“海外レンタルWi-Fi”とは

海外Wi-Fiルーターとは渡航先で自分のスマホやパソコンをインターネットに接続するための小型端末のことです。

“イモトのWiFi”というのを聞いたことがありますでしょうか。CMでよく宣伝されていますよね。あの会社も海外Wi-Fiレンタルなのです。

冒頭でも述べましたが、海外でスマホは必須のものとなっています。今やインスタグラムに写真を投稿するために旅行する人も多いのではないでしょうか。

実は海外でスマホをそのまま使うことはできるのですが、セキュリティ面で問題があったり、高額請求されたりするので注意が必要です。

しかし、“海外レンタルWi-Fi”を1台持っていれば、同時に複数のパソコンやスマホでネットを使うことができます。また、ネット申し込みができ空港で端末の受け取りができるので現地の言葉が話せなくてもすぐに利用することができます。

そんな便利な“海外レンタルWi-Fi”のメリット、デメリットを詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

“海外Wi-Fiレンタル”のメリット、デメリット

“海外Wi-Fiレンタル”は非常に便利な反面、セキュリティなどの問題点もあります。必ずメリット、デメリットを理解した上で利用するようにしましょう。

“海外レンタルWi-Fi”のメリット

①料金が非常に安く、定額制である

海外でネットをそのまま利用すると、通話時間やデータ使用量によって価格が決まってしまいます。そうすると海外でたくさんスマホを利用する人には高額請求がいってしまうことになります。一方、“海外Wi-Fiレンタル”は1日に700円程度でネットを使うことができます。万が一の高額請求を避けるためにも利用した方が良いサービスですよね。

②電波が安定しており日本と同じネット環境を使える

レンタルWi-FiはフリーWi-Fiと異なり日本と同様の速度で使用することができます。また、主要都市では4G/LTE回線も充実しており、ストレスなく動画やネットサーフィンを楽しむことができます。“海外レンタルWi-Fi”は日本で使われているポケットWi-Fiと同じ仕組みですのでネット環境がないところでも利用することができます。綺麗な風景を前にお仕事や写真投稿が簡単にできるのでオススメです!

③セキュリティーが高く安全

海外のフリーWi-Fiはセキュリティが低く、ネットが使える人であれば簡単にハッキングすることができます。特にお金持ちの日本人は狙われやすいのでカフェなんかでは日本人を狙った遠隔操作事件も起こっているそうです。その点“海外レンタルWi-Fi”はアドレスやパスワードが完全に暗号化されているので解くことはほぼ不可能ですので安全です。快適な海外旅行で犯罪に巻き込まれないためには必須のアイテムとなっています。

④設定も非常に簡単

のちに紹介しますが海外でスマホを使うには海外プリペイドSIMを導入する方法もあります。ただ、海外プリペイドSIMは利用できるようになるまで少し面倒な手続きが必要な人もいます。一方の“海外Wi-Fiレンタル”はスマホやパソコンにパスワードを打つだけで利用開始できるので便利です。また、機器の設定もシンプルな会社が多くマニュアルも付属しているので心配は要りません。

“海外Wi-Fiレンタル”のデメリット

①容量が無制限ではない

日本で自宅に設置しているWi-Fiルーターは基本的に容量無制限で使い放題ですが、“海外Wi-Fiレンタル”は1日に使える量が決まっています。低価格のものを選択すればその分データ容量は少なくなります。ですから、もしスマホをたくさん使うという方には料金が高くなってしまうこともあります。ただ、最近、通信速度はまずまずですが、容量無制限のプランも出てきました。今後、新たなプランがたくさん出てくると思うので注目です!

②出国日から帰国日まで料金が発生する

遠方への旅行となると飛行機の中で一泊することがあると思います。海外レンタルWi-Fiの料金は空港で借りてから返却するまでが料金となるので機器を使ってなくても料金が発生してしまいます。長期滞在となると旅費のうち大きなウエイトを占めることになりかねないので注意しましょう。

③破損、紛失した場合は弁償する必要がある

“海外レンタルWi-Fi”で提供される機器は非常に小さく、持ち運びが便利な形状となっています。ですから紛失の可能性も高くなります。ポケットWi-Fiを日本では使わない方が多いので実際に紛失した方も多いようです。

しかし、海外Wi-Fiレンタル会社は保証のオプションがあるところが多いのでそれらを有効活用しましょう。

④充電が面倒

海外のコンセントというのは日本と違う形状をしていたり、電流の量も違ったりして、日本の電子機器を使うときは注意が必要になります。また、日本のようにホテルなどの宿泊施設の設備が整っていないところもあり、きっちりと充電できないこともあります。

“バッテリー長持ち”もレンタル会社を選ぶときの指標とすると失敗が少なく済むと思います。

成田空港でレンタルできるWi-Fi 徹底比較

<総合力No.1 “Wi-Ho! ワイホー”>

料金プラン例(1日当たり)

アメリカ(4G/LTE) 675円(通常)
カナダ(4G/LTE) 765円(通常)
韓国(4G/LTE) 1050円(無制限プラン)40%Off
中国(4G/LTE) 1068円(無制限プラン) 40%Off
台湾(4G/LTE) 954円(無制限) 40%Off

特徴
・安い
・繋がりやすい
・利便性が良い

画像の出処:https://www.wi-ho.net/

値段、繋がりやすさ、利便性どれを取っても良いというのがこの“Wi-Ho! ワイホー”の良さになっております。海外旅行となるとやはりストレスが少ない方が快適になります。ですが電波が悪くなりスマホが使いにくいとなるととてもイライラします。ですから安いものを選び過ぎても現地で良い思いができないので注意です。その点、“Wi-Ho! ワイホー”は料金、電波の受信のしやすさ、利便性全てにおいて良いのでオススメです。

ちなみに“Wi-Ho! ワイホー”は成田空港の第一、第二、第三ターミナルで受け取り、返却ができます。当日申込もできるので忘れてしまった方は有効活用しましょう。

<海外レンタル実績No.1 “GLOBAL WiFi”>

料金プラン例(1日当たり)

アメリカ(4G/LTE) 970円(通常)
カナダ(4G/LTE) 770円(通常)
韓国(4G/LTE) 570円(格安現地通常)
中国(4G/LTE) 970円(通常)
台湾(4G/LTE) 970円(通常)

特徴
・最安値を誇る(台湾旅行の場合)
・世界213ヶ国対応

画像の出処:https://townwifi.com/

台湾旅行の場合にはなりますが“GLOBAL WiFi”が最安値となっていて、Wi-Fiにそこまでお金をかけることのできない方にはオススメです。またプランも豊富かつ、世界213ヶ国に対応しているので、ビジネスで日本人があまり訪れない地域でも利用可能です。

容量や速度がより重要だと感じている方はぜひ“GLOBAL WiFi”を活用してください。ちなみに“GLOBAL WiFi”は成田空港の第一、第二、ターミナルの中の4箇所で受け取り、返却ができます。もちろん当日申込もできるので忘れてしまった方は有効活用しましょう。

<知名度No.1 “イモトのWi-Fi”>

料金プラン例(5日間レンタルの場合)

韓国(4G/LTE) 2900円
タイ(3G) 2900円
台湾(3G) 2900円
中国(3G) 2900円
アメリカ(3G) 4400円

特徴
・信頼が厚い
・使いやすい

画像の出処:https://www.imotonowifi.jp/about/

みなさんもCMや看板で見たことがあるくらい知名度が高いのがこの“イモトのWiFi”です。そんな“イモトのWiFi”が人気の理由が「使いやすさ」にあります。“イモトのWiFi”は接続する現地の通信会社を設定した上でレンタルするので、現地の人と同じように電波を受信できますし、スマホのネットワークIDを選択し、パスワードを入力するだけで利用できます。また、料金キャンペーンなどがあると、他の会社よりも圧倒的に安くなることがあるのでぜひ、一度チェックして見てください。

ちなみに“イモトのWiFi”は成田空港の第一、第二、ターミナルで受け取り・返却ができます。こちらも当日申込ができるので忘れてしまった方は有効活用しましょう。

空港レンタルではない、海外でスマホを利用する方法

ここまで“海外レンタルWiFi”の解説を中心にしてきましたが、海外でスマホを使う方法は他にもあります。それは海外プリペイドSIMと海外定額パケットです。それぞれの特徴や、料金を吟味してこちらを使うのも良いと思います。参考にしてみてください。

海外プリペイドSIMも使える

格安SIMのCMもよく見流のではないでしょうか。それがこの海外プリペイドSIMになります。大手キャリアを契約の方もそれ以外の方もSIMカードというのをスマホに内蔵しているのをご存知でしょうか。基本的にそれらは2年契約で2年間使い放題となっていると思います。

海外プリペイドSIMを簡単に説明しますと、それの短期間バージョンといったところでしょうか。海外プリペイドSIMは楽天やAmazonで購入することができたり、もしスマホの電波のことを忘れていたとしても渡航先の空港やコンビニで購入することができたりするので非常に手軽となっています。

ただ、海外の会社のものを購入すると対応は全て英語やその他言語となってしまったり、SIMフリーのスマホを準備する必要があったりするので注意が必要です。

海外定額パケット

海外定額パケットとはソフトバンクやdocomoが提供している海外での電波受信プランになります。海外定額パケットが提供されるきっかけになったのは「パケ死」という現象が多発したためです。「パケ死」に関してはのちに解説しますがみなさんもあることをしなければほぼ確実に陥ってしまいますので注意してください。

ただ海外パケットは申し込みの必要がない場合や、日本人のオペレーターの対応サービスも受けることができるので準備の暇がない方にはオススメです。

国際データローミングには要注意

みなさん、「パケ死」というのをご存知でしょうか?それは海外旅行から帰ってきたときに携帯契約会社から高額請求が来るというものです。この現象はスマホが普及してからより一層起こるようになり、携帯会社もその多さに対策をとるほどです。そんな「パケ死」、どのようなものであるのか、そしてそれの対策方法を詳しく解説していきます。

国際データローミングとは

データローミングとは、ローミングを使ってデータ通信を行うことです。データローミングが利用できるのは、大手キャリアとワイモバイルだけです。

その他の格安SIMでは、データローミングを利用できません。格安SIMでデータローミングができない理由は、サービスを提供しようとしても「料金を定額制にできない」「いくら利用したかを翌月まで把握できない」という問題があるためです。

また、データローミングを利用するには、「国際データローミング」のオプションを付けている必要があります。どれも無料のオプションですので、基本的に契約の際に付けているはずです。

国際データローミングは従量制で高額請求に

実はキャリアの定額制データローミングサービスが対応している国では、事前に申し込みをしなくても提携業者に接続すれば料金が一定になる「定額制プラン」が適用されます。そのため、1日あたり980円や2,980円でネットを楽しめます。

しかし、定額制データローミングサービスが対応していない国でデータローミングをしたり、提携していない通信事業者に接続したりすると使った分だけ料金が請求される「従量制プラン」になります。「従量制プラン」では、国にもよりますが、データ料が1MBあたり2,000円にもなります。スマホで撮った写真をメールで送ると3MBくらいのデータ量になるので、メール1通で6,000円もの費用が発生することになります。恐ろしいですね。

なので、渡航前に「定額制データローミングサービスに対応している国かどうか?」「提携している通信事業者はどこか?」ということをしっかりと確認しておきましょう。キャリアの定額制データローミングサービスを適用できないなら、データローミングは行わないか、海外でネットを使う他の方法を使った方がお得です。

国際データローミングを避けるための設定変更

この設定をしておけばとにかく高額請求をされることはありません。とにかく心配な人はまずこれらの設定を済ませてしまいましょう。

①モバイルデータ通信、データローミングの両方の設定をオフにする

まずは必ずこの2つの設定をオフにしましょう。これらをオンにしたままだと気づかないうちに携帯会社の海外パケットで超高額請求されることがあります。iPhoneやAndroidで少し設定の仕方が違うので別々に解説します。

iPhoneの場合
→設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信をオフに

Androidの場合
→設定→その他の設定→モバイルネットワーク→データローミングをオフ→モバイルデータ通信をオフ

*順番を守るようにしてください

②アプリの自動更新やクラウドの設定を変更

iPhoneの場合
1)iCloud
→設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップをオフ
2)iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリーム
→設定→写真とカメラ→iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリームをオフにする
*オフにする前にデータのバックアップは必ず取っておきましょう。写真が全て消えてしまう可能性があります。
3)アプリの自動ダウンロード
→設定→iTunes StoreとApp Store→オンになっている部分を全てオフに
4)Wi-Fiアシストのオフ
→設定→モバイルデータ通信→Wi-Fiアシストをオフに

iPhoneの設定は以上になります。設定な大きな変更になりますので必ずPCやクラウドでバックアップを取っておくようにしましょう。

Androidの場合
1)アプリ自動ダウンロード
→設定→アプリの自動更新→自動更新は一切しないに変更
2)クラウドストレージサービス
→設定→バックアップと同期→バックアップと同期をオフ

Androidの設定も以上になります。少し細かくて面倒かもしれませんが、高額請求が来る可能性もあるので必ず設定変更をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。“レンタルWi-Fi”について詳しくなることができたと思います。

冒頭でも紹介しました通り、海外旅行に“Wi-Fi”は必須のものとなっています。むしろインスタグラムなどのSNSに写真を載せるために海外旅行をしている人もいるくらいです。

ただ世界遺産や、田舎の観光スポットだと電波も悪く、快適にスマホが使えないことが多くあります。そんな時“海外レンタルWi-Fi”をぜひ活用しましょう。成田空港では3つの受付で当日レンタルできるので、Wi-Fiのことを今思い出したとしても大丈夫です。

ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 格安Wi-Fi 徹底調査!オススメのWi-Fiや契約の仕方をわかりやす…

  2. 飛行機を予約する際、航空券はどうやって選べばいいのか

  3. 地下は電波がつながりにくい?地下で使えるWi-Fiとは?

  4. Wi-Fiの仕組みを解説 快適なネット環境を構築しよう

  5. 格安プリペイドSIMとは?通話できる?大手キャリアに対抗できるその秘密…

  6. 関西空港でWi-Fiルーターを借りよう!海外レンタルWi-Fiを借りる…

PAGE TOP