Wi-Fi・SIMカード

Wi-Fiの仕組みを解説 快適なネット環境を構築しよう

スマートフォンの普及率が急激に上がり、それとともに発展しているのが“Wi-Fi”。みなさんが普段利用しているネットには人類が開発した様々な知恵が盛り込まれています。

そこで今回はそんな“Wi-Fi”の仕組みや現在提供されているサービスを詳しく解説していきます。

そもそもWi-Fiとは?

パソコンやテレビ、スマートフォン、タブレットなどのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLANに接続する技術のことです。自宅や外出先などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。

Wi-Fiを利用すれば、スマートフォンやタブレットに保存した写真をプリンターで印刷したり、リビングのレコーダーで録画した番組やパソコンに保存した音楽を別の部屋で視聴したり、さまざまなWi-Fi対応家電と連携して使用することができます。

インターネットに接続するためには2種類の方法がある

インターネットを利用するにあたって、ネットワークの構築方法は2つあります。

  1. 有線での接続方法
  2. 無線での接続方法

有線接続とは?

有線接続ではルーターからLANケーブルを伸ばして、各パソコンに直接ケーブルを繋げます。パソコンに繋げられたケーブルを通してインターネットへ接続するのです。

この様に接続されている方が大半で、もっともポピュラーなのではないでしょうか。有線接続では通信環境が安定しており、大容量のデータ転送量も行えます。

ただし、この方法だと、パソコンの台数が多くなるにつれてLANケーブルの本数も増え、結果としてLANケーブルでデスク周りがぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。

ケーブルが切断してしまったり、HUBが故障したりした場合もインターネットに接続できなくなってしまうので、機器のメンテナンスも大事になってきます。

無線接続とは?

一方で、無線接続ではルーターからLANケーブルは必要ありません。文字通りパソコンからルーターへ無線で接続することができるのです。しかし、パソコン本体に無線接続の機能が入っているか、入っていない場合は市販の無線接続ユーティリティを準備する必要があります。データ転送量も有線接続に比べて低いものが多く、大容量のデータ転送やダウンロードに時間がかかってしまう場合があります。

無線接続では、セキュリティ面は特に注意する必要があります。きちんとしたセキュリティでもって、無線接続を実施しないと、外部に情報が漏えいしてしまう恐れがあるのです。

しかし、無線接続ではLANケーブルは不要なので、無線の電波が届く範囲であればどこでも接続ができるというメリットもあります。

このように有線、無線ではそれぞれメリット、デメリットがあります。

どのような環境で、パソコンからネットワークに接続するのかによって適した接続方法を選ぶ必要があるのです。

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiは「アクセスポイント」と呼ばれる中継地点を介して、さまざまな機器を無線で接続する技術です。アクセスポイントの役割を担う機器は、親機と呼ばれます。自宅やオフィスなど、屋内の一般的なWi-Fi環境では、「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」という機器がアクセスポイントとして利用されます。屋内では、基本的に据置型のWi-Fiルーターを使いますが、外出先でも持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターという機器もあります。

Wi-Fiでできること

単にインターネットに接続するだけではなく、スマートフォンとプリンターをWi-Fiで繋ぎ、写真を印刷することもできます。また最近ではスマートハウスと言われる言葉もよく聞くようになりました。Wi-Fiを通じて家電製品などをインターネットに繋ぎ、スマートフォンで操作できるようにもなりました。

Wi-Fiのメリット

Wi-Fiの環境が用意されていれば、いくらインターネットに接続したところで速度制限はかかりません。(※アクセスポイントになっている側の端末の契約内容によっては月々の利用量に上限があります。)もし、常にWi-Fi環境下にいるのであれば、スマートフォンの月額データパックを購入する必要もないわけです。

そのため最近では安価な通話プランのSIMと、データ通信量の少ないSIMを2枚同時に使って月の通信費を抑えるという方法が一般的になってきました。格安SIMの会社ではデータ容量0GBというプランもありますので、Wi-Fiとうまく付き合うことができればかなり通信費の節約ができると言えるのではないでしょうか。

Wi-Fiのデメリット

特にデメリットらしいデメリットは思いつきませんが、一つだけ気を付けたいことがあります。それは公衆無線LANを使う場合のセキュリティについてです。

日本でも街中のWi-Fiスポットが増えてきた現在、街中で拾える無線LANを使って通信を使う人を狙った犯罪というのもあるそうです。

詳しいことはわかりませんが、何らかのセキュリティホールを狙って、同一LAN内に入ったユーザーの情報を抜いたり、マルチウェアを仕込んだり・・・といった感じだと思います。信頼できそうなWi-Fi以外には安易に接続しないなどの注意が必要なのかもしれません。

Wi-Fiを利用するためには

Wi-Fiを利用するためには、下記三つの方法があります。

  1. Wi-Fiスポットを利用する
  2. スマートフォンのテザリング機能を利用する
  3. モバイルWi-Fiルーターを利用する

Wi-Fiスポットを利用する

駅や空港、飲食店、コンビニ、大型商業施設など、最近は都市部を中心に有料または無料でWi-Fiが使える場所が増えています。これらはWi-Fiスポット、公衆無線LANなどと呼ばれています。

「Wi-Fiつかえます」といったステッカーで知られている携帯キャリアの公衆無線LANサービスは、本来、有料ですが、パケット定額サービスなどを契約していれば無料で使えます。駅などの無料Wi-Fiスポットは、メールアドレスを登録すれば使用できるものも増えてきています。

ほかにも特にメールアドレスの登録が必要ないWi-Fiスポットも存在します。ただし、無料のWi-Fiスポットの中には通信内容をのぞき見することなどが目的の悪意のあるものが存在すると言われています。無料で使えそうだからと「Free」「Public」などと名前のついたWi-Fiスポットをむやみに利用するのは避けたほうがよいでしょう。

スマートフォンのテザリング機能を利用する

テザリングとはスマートフォンをアクセスポイント(無線LANの親機)として使用し、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機器などの端末をインターネットに接続する仕組みのことです。

アクセスポイントであるスマートフォンと各端末は、無線LAN、USB、Bluetoothで接続し、アクセスポイントからインターネットへの接続は4Gなどのモバイルデータ通信(携帯電話で使用される回線)を利用します。テザリング機能のあるスマートフォンさえあればスマートフォンをWi-Fiルーターのように使えるので非常にお手軽です。しかし、モバイルデータ通信回線を使用している以上、データ通信量を消費することになります。

使いすぎるとデータ通信量の上限を超えてしまい、速度制限を受けてしまうこともあります。また、テザリングはスマートフォンのバッテリーも消費します。テザリングは必要に応じて、必要な時間だけ上手に利用したほうがよいでしょう。

モバイルWi-Fiルーターを利用する

モバイルWi-Fiルーターとは持ち歩けるWi-Fiルーターのことです。モバイルWi-Fiルーターを持っているだけで、Wi-Fiを利用できる範囲がぐっと広がります。外出先でWi-Fi環境を構築して利用するには上記のような方法があります。Wi-Fiを使う目的や利用頻度によって、自分に最適な方法はどれかを検討してみましょう。

おすすめのモバイルWi-Fiルーター会社は

モバイルWi-Fiルーターは、種類・タイプ別に見た場合は、大きく以下の4つの形式に分かれます。

①WiMAX

WiMAX(ワイマックス)は、UQコミュニケーションズ(KDDIグループ)が提供するモバイルWi-Fiルーターです。また、20社以上のプロバイダ会社がサービスを提供しています。他のモバイルWi-Fiルーターのタイプと比べて、通信速度が速く、かつ月間利用量の上限がないところが大きな特徴です。

また、3日間の上限10GB を超えて速度制限がかかってしまったとしても、最大で6Mbpsの速度が出せるので、Youtube等の動画あたりでしたら問題なく観ることが出来るでしょう。

速度、利用量上限の高さ、料金と全体的にバランスよく品質が固く、お薦め度の高いモバイルWi-Fiルーターです。

②Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクの回線を利用したモバイルWi-Fiルーターです。Y!mobileもWiMAX同様、通信速度が速く、またサービスエリア範囲が広いことが特徴です。

最近では、「Pocket WiFiプラン2」にオプションを付けることによってWiMAXと同じように月間利用量の上限なしにできるアドバンスオプションも登場し、こちらも一定の人気を博しています。

ただし、このアドバンスオプションはサービスエリア対象がやや狭めとなり、更にプラスで月額684円が発生しますのでご注意ください。
また、Y!mobileの契約期間は基本3年間で、途中で解約すると別途「契約解除料」と言う名のもとに9,500円が請求されます(通称「3年縛り」)。

Y!mobileも人気のモバイルWi-Fiルーターですが、上記の特徴は事前に把握の上で、購入の検討をすると良いでしょう。

③格安SIM

格安SIMとは、docomoまたはauが持つ回線を利用して通信サービスを実施している会社の通信サービスのことを指します。なぜ「格安」なのかと言うと、通信設備などを維持・サポートするための費用はdocomoやauに担ってもらうので、その分の費用を抑えて、サービス提供できるからです。

「格安SIM」と聴くと、「格安スマホ」を思い浮かべる方も多いと思いますが、格安SIMモバイルWi-Fiルーターもサービスとして非常に多く展開されています。

特徴としては、その名の通り「料金が安い」こと、またdocomo、auの通信設備を利用しているので、サービスエリア範囲が広いのも大きなメリットです。

格安SIMモバイルWi-FiルーターはY!mobileのような途中解約の違約金もないので、「手軽さ」の観点で言うとかなりお薦めのモバイルWi-Fiルーターです。

ただし、通信速度の安定感は他のモバイルWi-Fiルーターと比べるとあまり良くありません。また、月間利用量の上限も他のモバイルWi-Fiルーターと比べるとやや低めに設定されていることが多いので、その点を注意しつつ、検討されると良いでしょう。

④各通信会社

各通信会社docomo、au、ソフトバンクも、モバイルWi-Fiルーターのサービスを提供しています。スマホの契約と一緒にモバイルWi-Fiルーターを契約する(または後からモバイルWi-Fiルーターを追加で契約する)と、スマホ利用料が安くなるなどの特典があります。

また、支払い先や問い合わせ先がスマホと統一できるのも、キャリア×モバイルWi-Fiルーターの組み合わせで利用する際のメリットの一つでしょう。

一方で、料金(月額利用料)はやや高めです。また、月間(または3日間)のデータ通信量上限も設定されており、その閾値はWiMAXやY!mobileと比べてやや低めとなっているので、この点にも留意しておくべきでしょう。

データ通信量の目安について

さて、続いてはモバイルWi-Fiルーターを利用する際の、データ通信量の目安も確認していきましょう。

WiMAXの「ギガ放題」や「Pocket WiFiプラン2」のアドバンスオプションでは、データ通信量は「3日間10GBまで使い放題」となっています。

一方で、docomo、au、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターや格安SIMのモバイルWi-Fiルーターでは「3日間2~3GBまでなら使い放題」であったり、「1か月間で10~30GBまで」と、プランによって変動されたりし、WiMAXやPocket WiFiプラン2と比べると、やや上限値が低めに設定されています。

ですが、上限値が10GBや3GBと言われても、「では実際どれくらい使えるのか」については今一つピンとこないですよね。

そこで、実際にデータ通信量10GBや3GBで、どれくらいインターネットの利用が出来るのかについてまとめてみました。

データ通信量10GB、3GBでインターネット利用できるボリューム目安

10GB 3GB
メール送受信(一通500KBとして) およそ20,000通 およそ6,000通
WEBページの閲覧(1ページ300KBとして) およそ33,333ページ およそ10,000ページ
動画視聴[HD画像](1分あたり15MBとして) およそ11時間7分 およそ3時間20分
動画視聴[標準画像](1分あたり4MBとして) およそ41時間40分 およそ12時間30分
音楽ダウンロード曲数(1曲当たり4MBとして) およそ2,500曲 およそ750曲

WiMAXやPocket WiFiプラン2で提示されている「3日間上限10GB」は、相当インターネット接続を積極的に使おうとでもしない限り、上限まで使い切ることは難しいでしょう。

また、「自分は動画を見たりしないから、上限3GBでも十分だ」という方もいらっしゃることでしょう。

一点注意したいのは、インターネットで動画視聴を良くされる方や、仕事で職場の人とデータをクラウド上で共有し、ダウンロードやアップロードを良くされるという方は、相応にデータ通信量も多くなるということです。

ご自身のインターネット活用シーンを仕事・プライベートの両面から鑑みて、必要となるデータ通信量をイメージし、そのうえでモバイルWi-Fiルーターのタイプを選ばれると良いでしょう。

オススメのモバイルWi-Fiルーター徹底比較

タイプ WiMAX Y!mobile 格安SIM キャリア×モバイルWi-Fiルーター(docomo)
代表的なプラン UQ Flatツープラス
ギガ放題(2年)
Pocket WiFiプラン2 U-mobile
LTE使い放題プラン
ウルトラデータ
LLパック
月額料金 4,380円 3,696円 2,480円 8,000円
速度制限 3日間で10GB以上利用時に速度制限発生 月間で7GB以上利用時に速度制限発生
※「アドバンスオプション」申し込み(+月額500円)時は、3日間で10GB以上利用時に速度制限発生
3日間で約1〜2GB利用時に速度制限発生 月間で30GB以上利用時に速度制限発生
契約期間 25ヶ月 3年 12ヶ月 2年
通信エリア※ やや広い 広い 広い 広い
下り通信速度(理論値) 440Mbps 612Mbps 375Mbps 778Mbps
制限時の通信速度 概ね1Mbps
※ 翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限
最大128Kbps
※「アドバンスオプション」申し込み時は概ね1Mbps
(翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限)
最大200Kbps 0.128Mbps
※ 月末まで

モバイルWi-Fiルーターの様々な機能性を見て、全体的なバランスの良さ(品質の高さ)で言うと、WiMAX、次いでY!mobileといったところでしょう。

前述のような「仕事とプライベートで24時間フルにモバイルWi-Fiルーターを活用したい」という方はWiMAX(またはY!mobile)、「あまりインターネットは活用しないけれど、自宅と外出用兼用で活用したい」という方は格安SIMあたりを選ばれると良いでしょう。

ただし、モバイルWi-Fiルーターは利用者の増加に併せて、毎年どんどん機能・性能が向上しつつあります。例えば、通信速度やサービスエリア範囲は、1年間で大きく向上されていることも少なくありません。ですから、「モバイルWi-Fiルーターを購入しようかな」と思ったら、最新の情報を必ずチェックすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。“Wi-Fi”について非常に詳しくなることができたと思います。今後Wi-Fiルーターを自宅に設置する人や、モバイルルーターを購入する予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. オーストラリアでSIMカードを購入する際にオススメの通信キャリアと購入…

  2. GLOBAL WiFiとは実際はどう?海外で使えるのかを調べてみた

  3. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  4. ハワイにはレンタルWi-Fiを持っていくべきか

  5. 格安プリペイドSIMとは?通話できる?大手キャリアに対抗できるその秘密…

  6. 格安SIMのスペックとは?性能を徹底解説

PAGE TOP