海外旅行ノウハウ

飛行機を予約する際、航空券はどうやって選べばいいのか

国内や海外で旅行などをする際、多くの方は飛行機を利用しますよね。今回は飛行機を予約するとき、どこに注意を向けてどのサイトで予約をすればよいのか紹介していきます。

最近は、様々なサイトが航空券を取り扱っています。その中から自分の目的に合ったサイトを選ぶ事が旅行の満足度にもつながってきます。不自由なく、ストレスなく旅行を楽しむために予約・比較サイトの選び方などを知っていきましょう。

  • 飛行機の予約はwebサイトから申し込む
  • 空席状況、キャンペーン割などサイト申し込みにはメリットがたくさん
  • 渡航目的をしっかり決めることが一番大事である
  • 旅行のプランを早めに決め、飛行機予約をすると割引を受けることができる
  • 5つの予約サイトをさらに比較することより良い

 

飛行機の予約はサイトから申し込むのが基本

H.I.Sなどの旅行代理店は観光プランなども航空券と一緒に店頭で飛行機の予約を行なっています。しかし、最近では旅行に行く多くの方がインターネットから各予約・比較サイトを利用して航空券の予約を行なっています。ですから、ここからはインターネットでの航空券の予約をメインに紹介していきます。

好きなタイミングで航空券が取れる

インターネットを利用して航空券を予約すると、空港に足を運ばなくても自分の空いている時間で航空券を取る事ができます。やはり、時間や場所に制限されず、自分や同行者の日程を調整しながら航空券の予約を済ませる事ができるのは大きなメリットだと思います。

空席状況がリアルタイムで確認することができる

年末年始や子どもの長期休暇、GWで気になるのは飛行機の空席状況ですが、インターネットを利用して予約すると、リアルタイムで空席状況を確認しながら座席を確保する事ができます。繁忙期は早めに行動した方が良いですが、座席状況がどの程度埋まっているかを確認できると予約するまでのおおよその日にちを把握することにもつながります。

また、友人や家族など複数人で行く場合にもオススメです。複数人の場合、出来るだけ近くあるいは隣の席の方などまとまって座りたいと思います。そういった場合にもインターネットの予約であれば空席状況を確認しながら対応することができます。

キャンペーンで割引を利用する事ができる

航空会社としても出来るだけ満席の状態にしたい為、早い時期から予約が出来るようになっています。またその時期が早ければ早いほど、航空券の割引をキャンペーンで行なっている航空会社もあります。

例えば、CMでよく見かけるのは嵐が出演しているJALの早割。JALでは、75日前に予約をすると、「ウルトラ先得」と呼ばれ約半額にまで料金が割引されます。また28日前だと「先得割引タイプA」で約1000円割引が適用されます。この他に55日前なら「スーパー先得」、45日前であれば「先得割引タイプB」と予約したタイミングによって割引を行う航空会社もあります。

他のキャンペーンとしてバスの乗車券がついたり旅行先で使えるクーポンなどが付いてきたりなど会社によって様々なキャンペーンが時期ごとにあります。

旅行の際は、その点についても注意してみた方が良いですね。

参考:JAL公式サイト

 

予約サイトを選ぶときには基準がいくつかある

予約サイトを選ぶときは、値段や信用度などいくつか判断材料となる基準があると思います。ただ、当然ですが全てに優れている所はありません。

航空券を買う際は、どこに重点を置くかをしっかり決めた方がより旅行の満足度を上げる事ができます。航空会社によっても値段は大きく変わりますが、予約するサイトによっても航空券の値段は変わります。

選ぶ時に自分が最も重視するか明確にしよう

航空券を予約するサイトを選ぶときはその旅行で何を航空会社に求めるか考えた方が良いと思います。大手の航空会社であれば信用度や充実したサービスを受ける事が出来ます。また格安で航空券の予約を取扱う会社では、充実したサービスはありませんが、旅費を抑えることが出来ます。その分の浮いたお金をお土産などの費用に回す事ができます。あるいは、機内の快適さを重視したい、会社名を重視したいなどの旅行の重点があるかと思います。ですから、予約サイトを選ぶ際は譲歩できるものと譲歩できないものをしっかり明確にしておきましょう。

選ぶときは渡航先、時期、キャンペーンに気をつけよう

選ぶ際に注意しなければならないのは、渡航先と時期、それからキャンペーンの有無です。主に海外の渡航先では直行便がない場合もあります。そうなるとトランジットで時間を取られることもあります。

また繁忙期は料金が通常の倍以上になっている事もあります。あるいは座席の確保が難しくなっている場合があります。往路のみ座席を確保する場合は、復路についても予め調べてから渡航する方が良いでしょう。

キャンペーンについても渡航先の特徴に合わせて現地で利用できるサービスを付けているものもあります。折角の旅行だから目一杯楽しみたいという方は、キャンペーンを利用した方が良いと思います。

予約サイトによっては値段が大幅に違う場合がある

航空券の予約サイトごとに割引が異なるため、購入時の料金が異なります。

例えば、ある予約サイトを比較した時にAは1万5000円、Bは同じもので1万3000円という事があります。なので、出来るだけ複数の予約サイトを比較する必要があります。

比較が面倒な方は「エクスペディア」や「スカイスキャナー」を利用しましょう。「エクスペディア」はアプリ版もあり、複数社で検索して比較した中で最安値の航空券から順番に提示してくれます。

予約サイトの種類ごとに特徴が異なるので、慣れてない方は「エクスペディア」を、ある程度慣れている方はよく利用する予約サイトをいくつか持っておいた方が良いでしょう。

気を付けなければいけないのはサイトが無数にあるということ

予約サイトを選ぶ時に面倒なのは、サイトが無数にある事です。探していて安い所が見つかったと思ったら違うサイトではさらに安かったということが多々あります。そういった場合は「エクスペディア」などの比較サイトを使うと何回も検索せずに、1回の検索で多くの会社の最安値を調べることができます。

また、インターネット上でのやり取りなのでそのサイトの信用性についても注意しましょう。サイトが無数にあるからこそ、詐欺などにつながってしまう場合もあります。ですから、選ぶ際は評判や信用度も気をつけながら航空券の予約サイトを選びましょう。

 

航空会社はLCCが安い

航空会社で航空料金が安いのは、「ジェットスター」や「ピーチ航空」などLCCに分類される所です。こういった所はJALやANAなどの有名航空会社に比べて知名度はそれほどありませんが、最近では若い人を中心に利用者が増加している安さが売りの航空会社となっています。

LCCとは「ローコストキャリア」の事である

LCCはLow Cast Careerの頭文字を取ったものであり、低価格で航空券を販売している航空会社です。LCCの会社は安全面以外の部分でコストを削減する事で航空券の値段をギリギリまで下げ、大手の航空会社との差別化を図っています。

LCCが安いのは座席数を増やすなど理由がある

LCCが航空券を安く販売できている理由は色々あります。

  • 飛行機の使用機材を再選定
  • 座席数を増やす
  • オフラインでの購入窓口を持たない
  • 受託手荷物の有料化
  • 飛行機内でのサービスを有料化する

このような点は、大手航空会社には無い差別化を図る為に重要になってきます。例えば、LCCの航空会社の飛行機の座席は座席数が多い分、席と席の間が狭くなっています。これは1回のフライトで多くの乗客を運ぶ事で一人当たりのコストを下げる為です。また、利用する際に気をつけたいのは受託手荷物が有料であることです。大手の航空会社では一定の規格内であれば無料で受託して運送してくれますが、LCCの場合は有料となっています。

新規の格安航空会社ばかりなので注意が必要

LCCで注意したいのは、やはり「新規の航空会社」である事です。安さにフォーカスしている為、JALやANAのようにトラブル時の乗客へのサポート面が充実しているとは言えません。

例えば、航空券の変更や払い戻しができません。また飛行機の遅延が高い頻度で起こったり、手荷物にも規格によっては別料金がかかったりすることもあります。こういったサービス面は大手に比べて不足しているところがあるので予め注意しておきましょう。

航空会社でFSCはサービスの豊富さが売り

LCCと反対にあるのはFSCです。有名なJALやANAはここに含まれます。FSCはサービスやサポート面が充実しているため乗客の満足度が非常に高くなっています。

FSCとは「フルサービスキャリア」の事である

FSCは「フルサービスキャリア」と呼ばれ、非常にクオリティの高いサービス提供を売りにしています。機内でのサービスは勿論、値段が高い分、LCCには含まれていないサービスが全て含まれています。

FSCは値段が高めに設定されている分、様々なサービスを受ける事ができる

FSCの会社は、LCCと比較して値段が高めに設定してあります。例えば、LCCでは持ち込み手荷物とは厳しく重量が設定され受託手荷物はほとんどが有料ですが、FSCでは持ち込み手荷物も受託手荷物も決められた規格を越えなければ無料となっています。

航空券の予約の際も、LCCは座席指定が有料となりますが、FSCでは無料で座席指定ができます。また、座席ごとの間隔も広めにとってあるため、快適さという面でも優れています。

他にも、FSCのサービスは機内では毛布や機内食、機内のテレビなどのエンターテイメントの機能が含まれています。後は、旅行をするたびにポイントが貯まる「マイレージサービス」もLCCにはあまりないFSCのメリットです。

LCCでは場所によってマイナーな空港へ行ってしまい、アクセスが難しくなりますが、FSCではそういった心配は無く、メジャーな空港へ離着陸を行ってくれます。

知名度が高い分、安心と安全が保証される

FSCは知名度が高い航空会社ばかりです。その為、LCCと比べると圧倒的に飛行機の安心と安全が保証されます。航空会社で選びたい方はFSCに含まれる航空会社を選ぶ方がいいと思います。

 

格安で航空券を予約するにはタイミングを見ながら早めに予約した方がいい

とにかく航空券の費用は安くしたい方は、タイミングを見て早めに予約を済ませましょう。LCCとFSCによっても予約を済ませるタイミングは異なってきます。LCCの航空会社は6週間前、FSCは20週間前に航空券を探した方が良いと言われています。また予約は社会人が休日である土日に集中します。月曜日には新しい航空券の販売が開始される為、火曜日か水曜日に予約をすることをお勧めします。

渡航時期が近いほど料金が上がりやすい

渡航時期が近づけば近づくほど料金が高くなる場合があるので注意しましょう。一般的に14日前までであれば割引されている状態だと言われています。また渡航当日や席数僅かで10分前などの場合も安くなっていることがあります。ただし、席数僅かで販売時間がギリギリの際は会社員等が出張などに利用することが多くなっています。そこだけに狙いを絞ってしまうと航空券が取れなくなってしまうので注意しましょう。

繁忙期などの直前に申し込むと航空券が取れない場合もある

年末年始や学生の長期休暇、GWや祝日を含んだ3連休などはある程度予定の目処が立つ為、航空券がどんどん予約されていきます。その場合早めに予約を済ませないと航空券が確保出来ないことがあります。

 

飛行機の比較・予約サイトで勧めるのはこのサイト

飛行機を予約する際は以下の5つのサイトをお勧めします。知っている方もいるかもしれませんが、国内旅行か海外かによって利用するサイトも変えた方が良いでしょう。また自分が使いたいのは予約サイトなのか比較サイトなのかもはっきりしておきましょう。

スカイチケット

https://skyticket.jp/

スカイチケットでは、リアルタイムで検索をかけて最安値検索をしてくれます。国内と海外航空券の両方を取り扱い、ホテルやレンタカー、フェリーの予約もすることが出来ます。また日本各地の観光スポットを紹介する記事を載せているので、旅行はしたいけどどこへ行こうか迷っている方におすすめのサイトとなっています。

トラベルコ

https://www.tour.ne.jp/

“トラベルコ”はテレビCMでよく流れていますので一度は名前を耳にしたことがありますよね。「トラベルコ」では、「座席グレード」や「価格帯」、「人数」などで条件を絞り込んで検索をかけることが出来ます。また、検索結果では金額が手数料などの本料金以外も加算された総料金が表示されます。航空券だけではなく、ツアーやホテル、レンタカーについても調べることができるのでこのサイトだけで間に合わせることが出来ます。

エクスペディア

https://www.expedia.co.jp/

こちらもテレビのCMで話題となっている有名な予約サイトです。CMでは世界中の宿泊施設を掲載しているホテル宿泊予約サイトとなっていますが、航空券の予約も取れるサイトになっています。航空券とホテルを同時に予約することも可能となっています。

またこのサイトの良い所は、会員になるとポイントを貯めることが出来ます。予約時に「エクスペディアポイント」を貯めることが出来、貯まったポイントで宿泊施設の割引クーポンと交換することが出来ます。

H.I.S

https://www.his-j.com/Default.aspx

大手の予約サイトで、このサイトだけで旅行の全日程を決めることも可能となっていることが大きなメリットです。飛行機の予約はもちろん、レンタカーやホテル、旅行先でのアクティビティなども予約することが可能となっています。出発前に全ての日程が決められますので準備を入念にしてから出発したい方におススメです。

大黒屋トラベル

https://air.e-daikoku.com/

「大黒屋トラベル」は、株主優待割引や「いま得」と呼ばれるサービスを受けることが出来ます。株主優待割引については購入者が株主である必要はなく、既に割引がされた状態で誰でも購入が可能となっています。大黒屋はチケット販売等も行っているため大手の安心感が得られます。

 

まとめ

大事なことは、自分が旅行のどこに重点を置くかによって変わってきます。もし、旅行全体を決めてから行きたいのであれば「H.I.S」を選んだ方が良いと思います。あるいは、完全に安く済ませたいなら航空会社の中で早期割引があるところを利用するか、LCCのバニラ・エアやピーチ航空などを利用した方が良いでしょう。FSCかLCCで悩んでいる方は調べた時に自分が希望する条件の航空券がLCCにあるか予約サイトで確認してみましょう。

今回はインターネットでの航空券の予約サイトについて紹介しました。オンライン上でのやり取りになり、詐欺やトラブルを回避したい方は、知名度を調べて見ましょう。

関連記事

  1. 海外旅行出発前にはスマホの設定変更が必須!高額請求を避けよう。

  2. 成田空港で当日レンタルできるWi-Fiを活用しよう

  3. 台湾でインターネットを使うにはWi-Fiレンタルが最適か

  4. 格安ツアーを組むのであれば、予約サイトを比較せよ

  5. 韓国旅行でWi-Fiはどうする?海外渡航でのWi-Fiレンタルとは?

  6. オーストラリアでSIMカードを購入する際にオススメの通信キャリアと購入…

PAGE TOP