スマートフォン・携帯電話

海外のスマホを日本で利用するのは違反?購入方法や注意点を徹底解説

海外版のスマートフォンには国内のキャリアモデルと異なり、カラーバリエーションが豊富であったり、システムのアップデートが早かったりと魅力的なメリットが多くあります。

「スマートフォンにも個性を出したい!」そんな方にはぴったりではないでしょうか。ただ、やはり輸入となるとハードルが高いと感じることでしょうし、ましてネット上では「海外のスマホを日本で利用するのは違反だ!」という情報も見受けられます。

そこで今回はそれらの問題を解決すべく、海外のスマートフォンをどのように購入するのか、そしてどのような点を注意すべきなのかを紹介していきます。

まとめ
・海外版のスマートフォンはデザイン、カラーが豊富
・OSのアップデートが早いので海外モデルは使いやすい
・海外版スマートフォンはSIMフリーになっている
・技適マークがないと違法になる
・海外版スマホを購入するサイトは吟味する必要がある

海外版スマホのメリット

冒頭でも少し解説しました通り、海外版のスマートフォンにはたくさんのメリットがあります。特に日本で使われているiPhoneは没個性なところがありますので海外版スマートフォンに魅力を感じる方が多いことでしょう。

特徴①デザインが豊富

日本のキャリアは自社のスマートフォンであるということを見せつけたいのか、広告したいのかわかりませんが、ロゴを必ず入れます。大体のものはデバイスの背面に「au」、「SoftBank」、「docomo」などのロゴがプリントされるのですが、デバイスによっては前面にプリントされているものもあります。

ですが、海外版にこのようなロゴプリントがないのはもちろん、海外版でしか購入することのできないカラーやデザインがあります。キャリアロゴを好まない方には海外版がうってつけなのではないでしょうか。

特徴②システムのアップデートが早い

海外のスマートフォンは日本のモノに比べシステムのアップデートが早いので最新のシステムをすぐに使うことができます。というのも日本版のスマートフォンはデフォルトでインストールされているアプリケーション多く、その更新に時間がかかるからで、日本だけ結構なおいてけぼりにあっていることもあります。最新のシステムをいち早く使いたいという方にはぴったりなのではないでしょうか。

特徴③SIMフリーで利用することができる

日本でも申し出があるとSIMフリーにしなければならない法律ができましたが、まだ、キャリア契約している端末はそれなりの手続きが必要でSIMフリーにするが面倒です。一方海外のスマートフォンはSIMフリーになっているので格安SIMをすぐにでも利用することができます。また、海外旅行に行く際も安く現地のデータ通信を利用することができるのです。

海外版スマホを利用する際の注意点

冒頭で述べましたように海外のスマートフォンを日本で利用するのは違反という噂があるのですが、実際に「技適マーク」がなければ違反になります。その他にもいくつか注意点がありますので見ていきましょう。

注意点①技適マークがないと違法になる可能性あり

技適マークとは、技術適合証明と技術適合認定のいずれかを認証されていることを表示するマークです。電波利用の混雑防止や、不正アクセスの防止のためについている必要がありるのです。しかし、スマーとフォンの普及や訪日外国人の増加に伴い2015年に法律が緩和され90日間に限っては海外製のスマートフォンの利用が可能です。

もし、このマークがないと1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金が課せられるので気をつけてください。

注意点②日本語のサポートがない

これはいうまでもありませんが、海外の製品ですので不具合があった場合などのトラブル時のサポートはありません。おそらく日本製のスマートフォンであったとしても、国内で対応してもらえることはありません。

バグなどの可能性は少なからずありますので、購入前の確認はしっかりと行うようにしましょう。

注意点③赤外線機能がない

海外版のスマートフォンには基本的に赤外線機能が付属しておりません。赤外線機能があると、近距離であれば簡単に画像やデーターの共有ができたり、アプリケーションの機能が拡張されたりするので便利ですが、海外版スマホでは利用できません。注意してください。

海外版スマホを購入する方法

ここまでメリット、デメリットを紹介してきました。これらを考慮して購入のステップに進みましょう。具体的に紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

EXPANSYS

HP: https://www.expansys.jp/

海外のスマートフォンを購入するのに1番に名前が上がると言っても過言ではないのがこの“EXPANSYS”です。本社はイギリスにあり、日本に送られる製品は香港の倉庫からやってくるそうです。

本サイトを見ていただければわかります通り、日本語で構成されているので購入までスムーズに操作することができます。また、何かトラブルがあったとしても日本語のサポートがあるので心配ありません。実際、返品・取り換えも迅速であったそうです。

画像出処:EXPANSYS公式サイト

海外のアマゾン

アメリカHP: https://www.amazon.com/
イギリスHP: https://www.amazon.co.uk/

やはり、世界的に安心、安全といえば“アマゾン”ですよね。Amazonが販売している製品であれば、購入してから受け取りまでの時間が短いですし、初期不良にもしっかりと対応してくれます。

また、星や口コミを一目で確認することができるので、購入したい製品が信頼できるのか否かを判断できます。やはり天下のアマゾンを利用すると良いでしょう。

画像出処:Amazon公式サイト

1ShopMobile

HP: http://www.1shopmobile.com/

Google翻訳を使えば差し支えなくサイトからスマートフォンを購入することができますし、初期不良もなく利用することができました。ただ口コミを調べてみると、開封品が届いたり、サポートが雑で連絡がうまくとれなかったりということもあるそうです。このサイトからしか購入できない製品もありますので、その際は吟味が必要ですね。

画像出処:1ShopMobile公式サイト

Etoren

HP: https://jp.etoren.com/

先に紹介しました“Shopmobile”や“EXPANSYS”に比べ“Etoren”は新しくできたサイトであり、海外通販を初めて利用する方にオススメです。もちろん日本語対応で購入までの流れが簡単なのですが、サポートに関してはまだ十分でないところがあるそうです。

トラブルになる可能性もありますので、購入する際はあらかじめ“サポート面が良くない”ということを認識しておきましょう。

画像出処:ETOREN公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。やはり海外のスマートフォンを購入するとなるとそれなりのリスクを背負う必要があります。それでも日本製のスマートフォンにはない特徴がありますので、それらのメリットを享受したい人はこの記事を参考に購入のステップに進んでいただけると幸いです。

関連記事

  1. docomoの携帯を海外で使うには?海外旅行前の準備に最適!

  2. 海外旅行出発前にはスマホの設定変更が必須!高額請求を避けよう。

  3. auの利用者は海外に行くとき、auのサービスとレンタルWi-Fi、どち…

  4. 海外で携帯を利用するには?快適な海外旅行にはスマホが必須!

  5. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  6. Xperia海外版と国内モデルの比較

PAGE TOP