スマートフォン・携帯電話

docomoの携帯を海外で使うには?海外旅行前の準備に最適!

AndroidやiPhoneなどのスマートフォンは、海外旅行先でも利用しやすく非常に便利です。しかし、海外でスマホを利用する場合、設定や料金をしっかり理解しておかないと高額請求などのトラブルにつながる可能性があります。

ただ、それらを防止するのに携帯会社によって設定の変更や契約などが異なるのでより一層利用者側の対処が難しくなってしまっています。

そこで今回は“docomo”に絞り、詳しく解説していきます。docomoを利用の方は是非参考にしてください。

そもそも海外で携帯やスマホを使うには?

実は海外で携帯を使う方法はたくさんあります。特にスマホはwi-fiがあれば大抵のことはできますので、問題はどのように電波を拾うかです。日本であれば、4G/LTE回線やそこら中にwi-fiが飛んでいますが、海外ではどうなのでしょうか。

海外wi-fiレンタルを利用する

みなさん、“イモトのwi-fi”というのをCMなどで耳にしたことがありますでしょうか。実はあれは“海外wi-fiレンタル”なのです。“海外wi-fiレンタル”とは海外で使うポケットwi-fiのようなものになります。

ネットで利用の申し込みをし、空港や配達でその機器を受け取ります。そして海外で利用した後は空港で返却したり、返送したりしてその利用を終えます。このような流れで使うのが“海外wi-fiレンタル”となります。

海外に複数人で旅行する人や旅行期間が短い人にはオススメです。低価格で使えますし、日本で準備を全て終えてしまうので初心者の方には使いやすいと思います。

海外プリペイドsimも使える

格安simのCMもこの頃よく見ますよね。それがこの海外プリペイドsimになります。docomoを契約の方もそれ以外の方もsimカードというのをスマホに内蔵しているのをご存知でしょうか。基本的にそれらは2年契約で2年間使い放題となっていると思います。

海外プリペイドsimを簡単に説明しますと、それの短期間バージョンといったところでしょうか。海外プリペイドsimは楽天やAmazonで購入することができたり、もしスマホの電波のことを忘れていたとしても渡航先の空港やコンビニで購入することができたりするので非常に手軽となっています。

ただ、海外の会社のものを購入すると対応は全て英語やその他言語となってしまうので注意が必要です。

海外定額パケット

海外定額パケットとはソフトバンクやdocomoが提供している海外での電波受信プランになります。海外定額パケットが提供されるきっかけになったのは「パケ死」という現象が多発したためです。「パケ死」に関してはのちに解説しますがみなさんもあることをしなければほぼ確実に陥ってしまいますので注意してください。

ただ海外パケットは非常に便利で日本人のオペレーターの対応サービスも受けることができるのでオススメです。是非、以下の解説を参考にしてください。

誰もが要注意、国際データローミング

実はもっとも一般的で誰でも手軽に利用できるのが各携帯電話会社が提供する国際ローミングサービスです。3Gサービスが始まってから少しずつ国際ローミングが利用できるようになり、現在は一部の機種を除き、各携帯電話会社が販売するほとんどのスマートフォンがそのまま海外で利用できます。なかでもスマートフォンが主流になってからは、音声通話よりもデータ通信の利用が拡大しています。

しかし、各携帯電話会社が提供する国際ローミングサービスは、長らく料金が高いと言われ続け、多くのユーザーは「国際ローミングサービス=高額請求」というイメージを持っています。

当初、各携帯電話会社が提供した国際ローミングサービスは、1日あたり約24.4MB(20万パケット)で1980円、それを超えたときは1日あたり最大2980円という料金が設定されていました。1週間の旅行では2万円を超えてしまう計算で、これに加え、「1日」の単位が日本時間でカウントされる仕組みのため、渡航先で数時間しか使っていないのに、1日分が請求され、さらに高額になってしまうケースもありました。

各携帯会社はこれらの事態を避けるため、様々なプランを立てていますが、そもそも知識や情報がないという人にはやはり、高額請求が行ってしまいます。ただ設定を少し変更するだけでこれらの事態を避けることができるので載せておきます。海外旅行の前に必ず設定変更しておきましょう。

国際データローミングを避けるための設定変更

①モバイルデータ通信、データローミングの両方の設定をオフにする

まずは必ずこの2つの設定をオフにしましょう。これらをオンにしたままだと気づかないうちに携帯会社の海外パケットで超高額請求されることがあります。iPhoneやAndroidで少し設定の仕方が違うので別々に解説します。

iPhoneの場合
→設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信をオフに

Androidの場合
→設定→その他の設定→モバイルネットワーク→データローミングをオフ→モバイルデータ通信をオフ

*順番を守るようにしてください

②アプリの自動更新やクラウドの設定を変更

iPhoneの場合
1)iCloud
→設定→Apple ID→iCloud→iCloudバックアップをオフ
2)iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリーム
→設定→写真とカメラ→iCloudフォトライブラリ・マイフォトストリームをオフにする
*オフにする前にデータのバックアップは必ず取っておきましょう。写真が全て消えてしまう可能性があります。
3)アプリの自動ダウンロード
→設定→iTunes StoreとApp Store→オンになっている部分を全てオフに
4)Wi-Fiアシストのオフ
→設定→モバイルデータ通信→Wi-Fiアシストをオフに

iPhoneの設定は以上になります。設定な大きな変更になりますので必ずPCやクラウドでバックアップを取っておくようにしましょう。

Androidの場合
1)アプリ自動ダウンロード
→設定→アプリの自動更新→自動更新は一切しないに変更
2)クラウドストレージサービス
→設定→バックアップと同期→バックアップと同期をオフ

Androidの設定も以上になります。少し細かくて面倒かもしれませんが、高額請求が来る可能性もあるので必ず設定変更をしましょう。

docomoのパケットパック海外オプションは画期的

データローミングや海外でwi-fiを使う手段などを述べましたが、docomoは2018年3月15日から「パケットパック海外オプション」を始め、海外渡航者には人気のプランとなっています。

以前にも「海外1dayパケ」という980円~1,580円/24時間で使える安いプランがあったのですが、わずか30MBで速度制限がかかるという嬉しくない仕様でした。日本でのパケットパック容量まで使える「パケットパック海外オプション」の開始は画期的だと言えます。

実際にdocomoのスマホを海外でお得に使う方法は?

docomoのスマホを海外でそのまま使うにはこちらのフローチャートを使うとわかりやすいと思います。

まず、渡航先がパケット定額サービスかどうかですが、なにしろ205の国と地域をカバーしていますので日本人の一般的な渡航先であればほぼ問題ないと思います。

次に、「パケットパック」「パケ・ホーダイフラット」および「SPモード契約」については、日本で普通にドコモのスマホを使っている人はまず入っています。問題ありません。

最後に、「日本で契約しているパケット定額サービスのデータ量を海外でも使いますか?」という質問が、「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の分け目になります。断然、「パケットパック海外オプション」がオススメです。

パケット海外オプションの詳細内容

パケット海外オプションを一言で言えば、定額980円で開始から24時間、世界205カ国の国と地域において日本国内と同じ通常速度でインターネットを利用することができるサービスです。利用可能なダータ容量に関しては、国内のデータパック、シェアパックなどが申し込みされているパケット容量分だけとなります。

さらに詳しく見ていきましょう。

<主な対象国と地域の定額料>

定額料 対象国と地域
980円 世界205カ国と地域に対応

「定額料」というのは毎月かかるわけではなく、1回あたりの料金で、利用開始した時に初めてかかる形になります。スタートから24時間を980円で利用可能になるというわけです。

海外レンタルwi-fiは基本的に利用開始から料金が発生するわけではなく、機器を借りてから返却するまでの期間になります。ですから節約が大きくできます。

パケット海外オプションは申し込みをしていても日本国内にいて利用することがなければ一切料金はかかりません。そのうち海外に行く可能性があるという場合にはあらかじめ申し込みをしておけば便利です。

<利用条件>

課金単位 渡航先で利用開始してから24時間
適用条件 ・「WORDWING」 ・インターネット接続サービス ・国内パケット接続サービス
その他 ・「パケットパック海外オプション」は契約中の国内パケット定額サービスのデータ量を利用 ・「パケットパック海外オプション」を利用したデータ量が「データパック」「シェアパック」などのデータ量を超えた場合、国内と同様に当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなります ・なお、上限に到達した際も「1GB追加オプション」などを利用すれば、国内と同様に海外でも通常速度で利用可能となる。

docomoは以前に海外1dayパケットというプランを提供していました。その内容は1日30mbまでしか利用できず、それを超えたら送受信最大16kbpsとなるものです。

そしてそれと大きく異なるのが利用可能なパケット容量が、国内のパケットパック、シェアパックの容量分であるというところです。

超越した場合、国内同様の通信制限がかかり128kbpsとなります。いかがでしょう。国内で利用しているのと全く変わらずに使うことができるので非常に快適ですよね。

<205の対象国>

北米 ・アメリカ ・アラスカ ・カナダ ・グアム ・サイパン ・ハワイ
アジア ・韓国 ・台湾 ・中国 ・香港 ・インド ・インドネシア ・カンボジア ・シンガポール ・スリランカ ・タイ ・ネパール ・パキスタン ・バングラデシュ ・東ティモール ・フィリピン ・ブータン ・ブルネイ ・ベトナム ・マカオ ・マレーシア ・ミャンマー ・モンゴル ・ラオス
オセアニア ・オーストラリア ・クック諸島 ・サモア ・ソロモン諸島 ・トンガ ・ナウル ・ニュージーランド ・バヌアツ ・パプアニューギニア ・パラオ ・フィジー ・仏領ポリネシア ・ミクロネシア
ヨーロッパ ・アイスランド ・アイルランド ・アゾレス諸島 ・アルバニア ・アルメニア ・アンドラ ・イギリス ・イタリア ・ウクライナ ・ウズベキスタン ・エストニア ・オーストラリア ・オランダ ・ガーンジー ・カザフスタン ・カナリア諸島 ・キプロス ・ギリシャ ・キルギス ・グリーンランド ・クロアチア ・コソボ ・サンマリノ ・ジブラルタル ・ジャージー ・ジョージア ・スイス ・スウェーデン ・スペイン ・スペイン領北アフリカ ・スロバキア ・スロベニア ・セルビア ・タジキスタン ・チェコ ・デンマーク ・ドイツ ・トルクメニスタン ・トルコ ・ノルウェー ・バチカン ・ハンガリー ・フィンランド ・フェロー諸島 ・フランス ・ブルガリア ・ベラルーシ ・ベルギー ・ポーランド ・ボスニア-ヘルツェゴビナ ・ポルトガル ・マケドニア ・マディア諸島 ・マルタ ・マン島 ・モナコ ・モルドバ ・モンテネグロ ・ラトビア ・リトアニア ・リヒテンシュタイン ・ルーマニア ・ルクセンブルク ・ロシア
中南米 ・アルゼンチン ・アルバ ・アンギラ ・アンティグア-バーブーダ ・ウルグアイ ・英領バージン諸島 ・エクアドル ・エルサルバドル ・オランダ領アンティル ・ガイアナ ・キューバ ・グアテマラ ・グアドループ諸島 ・グレナダ ・ケイマン諸島 ・コスタリカ ・コロンビア ・ジャマイカ ・スリナム ・セントクリストファーネビス ・セントピンセントグレナディーン諸島 ・セントルシア ・タークス諸島カイコス諸島 ・チリ ・ドミニカ共和国 ・ドミニカ国 ・トリニダード・トバゴ ・ニカラグア ・ハイチ ・パナマ ・バミューダ諸島 ・パラグアイ ・パルバトス ・プエルトリコ ・仏領ギアナ ・ブラジル ・米領バージン諸島 ・ベネズエラ ・ベリーズ ・ペルー ・ホンジュラス ・マルティニク ・メキシコ ・モンセラット
中東 ・アフガニスタン ・アラブ首長国連邦 ・イエメン ・イスラエル ・イラク ・イラン ・オマーン ・カタール ・クウェート ・サウジアラビア ・バーレーン ・ヨルダン
アフリカ ・アセン諸島 ・アルジェリア ・アンゴラ ・ウガンダ ・エジプト ・エスワティニ ・ガーナ ・カーボルデ ・ガボン ・カメルーン ・ガンビア ・ギニア ・ケニア ・コートジボワール ・コンゴ共和国 ・ザンビア ・シエラレオネ ・セイシェル ・赤道ギニア ・セントヘレナ島 ・タンザニア ・ちゃど ・中央アフリカ ・トーゴ ・ナイジェリア ・ナミビア ・ニジェール ・ブルギナファソ ・ペナン ・マイヨット島 ・マダガスカル ・マラウイ ・マリ ・南アフリカ ・モリーシャス ・モザンビーク ・モロッコ ・リベリア ・ルワンダ ・レソト レユニオン

皆さんの渡航先の国は見つかったでしょうか。日本人の渡航先の網羅率は驚異の99%です!docomoはすごいですよね。

<利用開始方法と注意点>

「パケットパック申し込み後」、渡航先にていずれかの方法で利用を開始することができます。

方法①
「docomo海外利用アプリ」から利用開始操作を行う。渡航先で「モバイルデータ通信」と「データローミング」を「オン」にしてから行う。「docomo海外利用アプリ」を活用。

方法②
webブラウザから利用開始操作を行う。渡航先で「モバイルデータ通信」と「データローミング」を「オン」にしてから行う。

*先ほど、データローミングの設定を一式オフにした方が良いという解説をしましたが、日本国内で一旦オフにしてからこれらの設定をしてください。契約をしていなかったり、申し込みのミスがあったりすると高額請求の可能性があるためです。

パケットパック海外オプションはキャンペーンも充実

パケットパック海外オプションはキャンペーンも充実しており2018年7月20日(金)12:00 ~ 2019年1月31日(木)24:00〈日本時間〉の間、標準料金プラン(980円/24時間)に追加して、15の国・地域で、キャンペーン料金プランが利用できます。

<キャンペーンの料金プラン>

1時間プラン 300円/1時間
3日プラン 2480円/3日
5日プラン 3980円/5日
7日プラン 5280円/7日

<対象国>

国・地域
北米 アメリカ(本土)
アラスカ
グアム
サイパン
ハワイ
アジア 韓国
中国
香港
インドネシア
タイ
マカオ
オセアニア オーストラリア
ヨーロッパ イギリス
中南米 プエルトリコ
米領バージン諸島

日本人の渡航先の多くは網羅されていますし、料金プランも豊富で非常に多くの方が利用できるのではないでしょうか。

特に1時間プランがあるのが特徴的です。急遽、短時間だけ済ませたい方や道に迷って経路検索など、docomoが私たちに配慮してくれていることがわかりh3すよね。

<注意点>

  • 利用開始操作後に、ご利用中の料金の停止、キャンセル、および他の料金への変更はできません。
  • 利用開始操作後にパケット通信を利用しない場合も定額料がかかります。
  • 「パケットパック海外オプション」対象国・地域でパケット通信を利用する場合、利用開始操作からご利用可能時間経過後、自動でパケット通信を切断します(通信状況等により、切断に時間を要する場合があります)。再度利用する場合は、利用開始操作を行ってください。

まとめ

いかがでしたか。特にdocomoユーザーの皆さんにはお力になれたのではないでしょうか。冒頭でも触れましたが、海外旅行を楽しむにはスマホの電波状況も完璧でなければなりません。ぜひ海外パケットプランを利用して、快適な海外旅行を楽しんでください。

関連記事

  1. Xperia海外版と国内モデルの比較

  2. Wi-Fiの持ち運びはポケットWi-Fiを使いましょう

  3. 海外で携帯を利用するには?快適な海外旅行にはスマホが必須!

  4. auの利用者は海外に行くとき、auのサービスとレンタルWi-Fi、どち…

  5. 海外旅行出発前にはスマホの設定変更が必須!高額請求を避けよう。

  6. 海外のスマホを日本で利用するのは違反?購入方法や注意点を徹底解説

PAGE TOP